スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四話と最終話との照合 

2015年8月5日

こんにちは。ブログ担当吉村です。

暑い日が続きますね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
熱中症などにはくれぐれもお気をつけくださいね。

加茂荘がアニメ『氷菓』のヒロイン千反田えるさんの
自宅のモデルとして起用して頂いて以来
今も多くの『氷菓』ファンの方に巡礼にお越し頂いています。

そこで、作中との比較写真を撮影されるお客さまが多くいらっしゃいますが
調度品や襖、障子へ手をお触れになったり、中庭へのお立ち入り等はご遠慮頂いており
お写真を撮影することが難しいシーンもあるのでは・・・と
襖や障子、扉を閉めたり、立ち入りをご遠慮頂いている箇所からのアングルで撮影した写真や
違った視点から撮影した写真をご紹介させて頂きたいと思います。

IMG_6194.jpg

四人が会話をする座敷の、奉太郎さんの背後の襖です。
外からの光で金箔が鮮やかに輝いています。


IMG_6180.jpg

IMG_6185.jpg

IMG_6189.jpg

お手洗いへと席を立った奉太郎さんが屋敷の中で迷子になるシーンを数枚。
順不同です。ひたすら障子や襖が連なります・・・

襖が古く破けてしまっているのは、現在の14代目当主(84歳)が
物心ついた頃からこうだったそうなので、ご了承くださいませ。


IMG_6186.jpg

えるさんの部屋のドアが未だにわからないのですが、どこなんでしょうか。
ここか・・・?というところを撮ってみましたが、ここかどうかはわかりません。
わかる方、教えてください。私、気になります。


IMG_6182.jpg

えるさんの部屋です。立って撮影している部屋と二間続きの部屋という設定です。
普段、写真の障子部分は解放しており、奥に中池が見えます。
(作中では障子ではなく、違ったデザインの窓になっています。)

DVD BOXの特典映像の中に、この部屋に立ち
「えるの部屋はここだな」と会話する監督達の映像がおさめられています。

こちらの二間は映画『雷桜(らいおう)』の撮影で、
蒼井優さんの扮する遊の部屋としても撮影に使用されました。


IMG_6201.jpg

四人の座る縁側を島側から撮影しました。
作中にこのようなアングルはないかもしれませんが
なかなか見られないアングルではないでしょうか。


k090605005.jpg

松の間の庭

中庭の奥から座敷側を撮影した写真です。
二枚目は以前、紅葉の時期に撮影したものですが
最終話の生きびな祭の後、えるさんと奉太郎さんがこの縁側で答え合わせをします。


作中でえるさんがおにぎりを振る舞う台所や、
奉太郎さんがようやく辿り着くお手洗い内部は、実在しておりません。
扉や襖、障子の開閉等は、内部でスタッフが機を織っているかもしれませんので、ご遠慮くださいませ。


さて、『氷菓』のメイン舞台は岐阜県の高山市です。
高山では毎年雪が降り、町並みも美しく雪化粧となりますが
静岡県掛川市にある加茂荘では滅多に雪は降りません。

しかし、2012年1月になんとも珍しく雪が降り、
しかもそれが積もったという奇跡の写真が過去のブログに掲載されています。

加茂荘で雪が降ったら・・・どうぞ、ご覧ください。

2012年1月17日ブログ記事【雪の加茂荘】

岐阜県の雪はこんなものではないとは思いますが、
もし櫻ヶ丘八幡神社の建つ場所に加茂荘が建っていたら・・・
とイメージするとうきうきしますね。しませんか。


夏休み、お盆休みにお時間のある方は、
今一度『氷菓』をご覧になってはいかがでしょうか。


加茂荘で行われた映画ロケ まとめ 

7月6日 写真とブログ担当の永田です。今回は、これまで数年の間に加茂荘を使って行われた映画のロケをまとめてみました。

庄屋屋敷 加茂荘は、江戸時代中期の建築がそのまま残されており、保存状態も良いため、時代関係の映画のロケ地としては打って付の環境にあるため、近年は映画のロケ地としても注目を集めています。

加茂荘ではこれまでに、6~7本の映画やTVドラマ、TVアニメのロケが行われ、今年もこの5月に放送されたTVアニメ『氷菓』のヒロインの実家設定となり、たいへん大きな反響を呼びました。

今回は、そんな加茂荘で行われたロケを、順を追ってご紹介してみます。


2007年6月 映画『ICHI』収録
監督:曽利文彦 主演:綾瀬はるか、窪塚洋介
公開:2008年10月25日
12090522004 3

映画『ICHI』 公式サイト

関連ブログ
加茂荘と映画『ICHI』



2010年3月 映画『雷 桜』収録
監督:廣木隆一氏。主演:岡田将生 蒼井優
公開:2010年秋、全国東宝系
12r110428001.jpg

映画『雷 桜』公式サイト

加茂荘の庄屋屋敷が、主人公ゆうの実家である、瀬田の庄屋の家という設定で、加茂荘庄屋屋敷の様々な部分でロケが行われました。

関連ブログ
映画『雷桜』のロケのこと
映画『雷桜』ロケの思い出



2010年10月 映画『百合子ダスヴィダーニャ』収録
監督:浜野佐知 主演:一十三十一(ひとみとい)菜葉菜(なはな)
公開:2011年5月~
12d101013001.jpg

映画『百合子ダスヴィダーニャ』公式サイト

加茂荘の庄屋屋敷が主人公の小説執筆のための郡山の邸宅という設定で、物語の中心となる舞台でした。大正時代末期の映画であったため、加茂荘の大正時代の増築部分の部屋が主に使われましたが、その他の部分でも様々な個所が舞台となりました。

関連ブログ
映画『百合子ダスヴィダーニャ』ロケ



2010年10月 映画『小川の辺』収録
監督:篠原哲雄 主演:東山紀之
公開:2011年7月2日

img_479145_9912745_1.jpg

映画『小川の辺』公式サイト

この映画はワンシーンのみ、主演の東山さんが夜に加茂荘のお蔵の前に道を通ったカットを1カットのみのロケでした。

関連ブログ
加茂荘と映画ロケ



2011年4月 愛川欽也監督による映画『勤皇やくざ瓦版』収録
12a110414002.jpg

愛川監督の自主制作映画、花菖蒲園内の古寺と、加茂荘の長屋門前、庄屋屋敷の座敷部分が使われました。

関連ブログ
愛川欽也監督の映画「勤皇やくざ瓦版」ロケ



2011年7月 TVアニメ『氷菓』 加茂荘写真撮影
監督:武本康弘
公開:2012年4月~
20120319163455319.jpg

TVアニメ『氷 菓』公式サイト
TVアニメ『氷菓』ヒロイン、千反田えるの生家として加茂荘がモデルとなりました。花菖蒲園の外側から庄屋屋敷の各場面が、アニメのなかで絵としてとても鮮やかに再現されました。

関連ブログ
ロケ地としても知られる加茂荘

5月29日 園内景 

1O6R8476.jpg

5月29日 写真とブログ担当の永田です。

昨日の宵は豪雨と雹が降ったようで、どうなるかと心配していましたが、行ってみると、それほどの被害はありませんでした。今日も午後から曇りはじめ、雷が遠くで鳴ったりしており、4時前から強い雨が降り出しました。

毎日少しづつ、確実に花数が増えてきています。

最盛期まであと1週間といったところです。

1O6R8466.jpg

今日ですとまだ緑がやや多い感じですが、あと数日経つと、緑と花が半々程度になり、緑のなかに花が浮かび上がる、満開の頃とはまた別の美しい瞬間が現れます。

1O6R8122.jpg

花菖蒲園の周辺では、今ヤマボウシの大きな木が花を盛大に咲かせています。

1O6R8470.jpg

園内の花菖蒲とアジサイの売店。アジサイは現在20品種ほど並べられています。

1O6R8491.jpg

園内で咲き始めた金 冠(きんかん)この品種は、平年であれば5月の23日前後から咲き始めますが、やはり今年は遅れていますね。

1O6R8495.jpg

長屋門前の花菖蒲田。こちらも今までの黄花に、初 紫の明るい紫色が加わりました。

日ごとに咲いている品種と本数が増えてゆきます。今週末頃より、見ごろを迎えるとおもわれます。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001a.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!


ロケ地としても知られる加茂荘 

5月23日 ブログ・写真担当の西村です。今日はいつもとは少し違った視点から庄屋屋敷・加茂荘を紹介したいと思います。

100918002.jpg
※花菖蒲最盛期の長屋門 2011年6月10日撮影。

当園園主の邸宅である加茂荘は、長屋門、厠(かわや)、一階部分の母屋など江戸時代中期の安永二年に建てられ、約240年を経ています。江戸時代のままの姿が保たれた屋敷は保存状態も良く、近年、映画やTVドラマ、CM等、様々なメディアのロケ地としても多く利用されています。

100918001.jpg

2010年春に行われた映画「雷桜」のロケの様子。

氷菓オフィシャルサイト
氷菓オフィシャルサイト

先月の4月より一部のテレビ局、BSで放送が始まったアニメ「氷菓(ひょうか)」もその一つです。ヒロインの 千反田 える の生家として加茂荘がモデルとなりました。

1O6R6069.jpg

加茂花菖蒲園にお越しになるお客様は例年、中高年世代のご夫婦などが多いのですが、それに加え、ここ数日前からアニメファンの方も多く見えるようになりました(まとめサイトのおかげですね)。

1O6R6106.jpg

加茂荘がロケ地として認知されてきたというのは、それだけ古い家屋が減少してきているということでしょうし、一般公開されていても撮影の許可が下りない場所が多いということなのだと思います。

いずれにしても、映像、画像などで多くの方々に観て頂け、そして記録に残るということがとても有難いことだと思っています。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com



120319001a.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!



加茂荘と映画ロケ 

r110428001.jpg

4月29日 写真とブログを担当している永田です。

今日から花菖蒲園が開園します。この開園序盤の風景はまた明日にご紹介するとして、今回はここ数年、園内の庄屋屋敷 加茂荘で行われることが多くなった映画のロケについて、お話いたします。

ここ数年、加茂荘で行われた映画ロケは、2007年の6月に「ICHI」。2010年の3月に「雷 桜」。同年10月に浜野佐知監督の「百合子ダスヴィダーニャ」と「小川の辺」。2011年4月に愛川欽也監督による「勤皇やくざ瓦版」のロケと、ここ数年本数も多くなって来ています。

r110428004.jpg

ロケでは庄屋屋敷内で行われるケースが最も多いですが、当園の庄屋屋敷は、江戸時代中期に建てられたままの姿が今日まで残され、保存状態も良いので、時代劇の映画のセットとしては申し分ない場所場所と、とても喜ばれています。私たちも、こういったロケを通して加茂荘が紹介されることをとても嬉しく感じています。

ですが、数多くのスタッフや、照明機材、大道具などの搬入搬出時、また映画本番中など狭い部分に大勢の人数が集まったときなど、思わぬことから屋敷に傷がつくことがありますので、それに細心の注意を払っています。

写真では柱、畳などはしっかり補ていされています。

r110428003.jpg

役者のみなさんのお顔を拝見する機会も増えました。「ICHI」の時は、綾瀬はるかさん、柄本明さん、窪塚洋介さん。「雷 桜」の時は蒼井優さん、岡田将生さん。「百合子ダスヴィダーニャ」のときは一十三十一(ひとみとい)さん、大杉漣さん、菜葉菜さん。「小川の辺」では主役の東山紀之さん。つい先日の4月14日は愛川欽也さんにもお会いすることができました。

写真は「百合子ダスヴィダーニャ」の時の菜葉菜さん。

r110428005.jpg

当園は花菖蒲で広く知られていますが、ここ数年、こういったロケ地としても利用される回数が増えてきました。

江戸時代中期の建築で保存状態の良い建物として加茂荘の価値が認められて来ているからであると思います。

これからも、どんな作品がこの場所で撮影されてゆくのでしょうか。とても楽しみです。

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。