スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掛川大祭と秋祭 

2015年10月9日

こんにちは。ブログ担当吉村です。

10月9日(金)~12日(月)は、
三年に一度の掛川大祭(かけがわおおまつり)が開催されます!

H27oomatsuri1.jpg


城下町・掛川宿の伝統を色濃く残す『掛川祭』。
干支の丑、辰、未、戌の年は大祭(おおまつり)の年にあたり、
日本一の大きさを誇る『仁藤の大獅子』など三大余興が披露されます!

<< パンフレットを詳しく見る【PDF】 >>
<< 掛川大祭ホームページを詳しく見る >>

江戸時代の東海道を偲ばせる掛川の伝統大祭。
是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。



また、明日10月10日(土)は、加茂荘の建つ原田地区の秋祭も開催され、
加茂荘の周辺でも地元の山車が練り歩きます。

午後13時から16時には6台もの山車が加茂荘の駐車場に集結!

地区の衆がわいわい集まり、地域の懇親会が行われます(懇親会への一般の方のご参加は頂けません)。
どうぞ併せて、秋のお祭りをご鑑賞ください(^^)



~売店情報~

現在、加茂荘の座敷にてミニ売店を設置しています。
中でも人気商品である皇室御用達の有田焼の老舗『香蘭社(こうらんしゃ)』製の大皿、
残り4枚で販売終了となります!

お部屋にいつも美しい花の数々を飾るような優しい心遣いを上品なあやめに表現したという
こちらの『オーキッドレース』30cm皿は、1枚6,400円(税込)。

koransha.jpg

その他、加茂荘でしか手に入らないオリジナル湯呑みなど様々な商品を取り揃えております。
お越しの際は、お手にとって是非ゆっくりとご覧くださいませ(^^)


スポンサーサイト

森の祭り 

2014年11月3日

こんにちは。母屋担当吉村です。

三連休もいよいよ最終日、少し肌寒い朝となりました。

連休中、加茂荘のすぐ隣の森町で、毎年恒例の秋の祭が開催されています。

1414970161304.jpg

1414970152159.jpg

別名『喧嘩祭り』とも云われるほど、盛大で激しいお祭りで
森駅の前から三島神社という神社の間の森の町中で山車が引きまわされます。

連休初日は雨でしたが、それでも盛大に執り行われました!

1414970015186.jpg

1414970011910.jpg

1414970009401.jpg

1414970099445.jpg

加茂荘から車で5分~10分ほどの距離で、
天竜浜名湖線の電車でも気軽に行ける距離ですから
連休・祭り最終日の今日、加茂荘と併せて見学に行かれてみては如何でしょうか。

新東名からの道順 

高速からの案内のコピー

森掛川I.Cから3km 約5分で到着します。

当園へお越しの際は、ぜひ新東名高速道路をご利用ください。
森掛川I.Cから当園まで約3km、5分前後で到着します。
これまでの東名高速道路利用より、はるかにアクセスが良くなりました。
遠方からお越しの際は、新東名をご利用されたほうが断然便利です。



新東名からの道順を動画にしてみました。こちらもご覧ください。


加茂花菖蒲園までの道順です
新東名の出口から順に紹介してゆきます。

11O6R4762.jpg

新東名 森掛川I.C出口

61O6R5425.jpg

料金所を過ぎ、県道40号線との合流部分。ここを左折します。

本当は、この正面に看板がほしいところですが、
県の屋外設置物条例で他の観光施設も同じく看板を設置することができません。

101O6R5434.jpg

左折して30秒くらい走った所から。
緩い下り坂とカーブの道をサーッと降りてゆきます。

111O6R5443.jpg

もう30秒強走ると、交差点が見えてきます。
この交差点を直進します。

131O6R5447.jpg

交差点を過ぎ、また10秒程度走ると原野谷川の手前に当園の看板が見えてきます。ここから約1.5kmです。

原野谷川を渡ります。

141O6R5482.jpg

原野谷川の橋を渡り終わる前から、道路左に当園の看板が見えてきます。
橋を渡り終え、この看板を左折します。

※ ここの左折は大型バスでも曲がれますが、やや下り坂のカーブでやや鋭角に曲がる格好になるので、
少し曲がり辛いので、十分減速されると良いと思います。


181O6R5458.jpg

左折後、約1kmほど走ると、前方に新東名の高架が現れ
右手に当園の白壁が見えてきます。

191O6R5460.jpg

そこから200mほど走ると当園の看板が見えてきますので、この電柱の曲がり角を右折

211O6R5480.jpg

右折するとすぐ当園の建物が近づいてきます。駐車場へ向かうためにここを左折します。

ZN4G7656.jpg

そして駐車場に着きます。駐車料金は無料。正面がご入園受付になります。

このように、ほんとうにアクセスが良くなりました。
遠方からお越しの際は、ぜひ新東名をご利用ください。


※フェイスブックにもより多くの写真で紹介しました。
新東名からの道順
フェイスブックを利用されていない方も、ご覧になれます。

袋井インターからの道順 

c100604002.jpg

6月4日 今度は袋井インターからの道順をご紹介いたします。

加茂花菖蒲園は掛川市にありますが、市の北西部、遠州森町との境の部分にありますので、
袋井インターから降りたほうが、若干早く到着します

名古屋方面からお越しのお客様は、袋井インターをご利用下さい。

袋井インターからですと、約25分ほどで当園に到着します。

c100604001.jpg

 袋井インターチェンジです。

c100604003.jpg

 インターを出てすぐ左折森、春野方面へ向かいます。

c100604004.jpg

 ほんの少し走って、東名高速の高架をくぐったすぐ次の信号を右折します。

右折したら、東名高速に沿って、約1.5kmくらい道なりに走ります。

c100604005.jpg

 「可睡西」の交差点を左折します。
ちなみに可睡ゆりの園に行くには、この交差点を直進します。

左折したら、しばらく道なりに10分以上走ります。
この道は北へ向かう道で、遠州森町方面へ向かいます。

少し長い距離を走りますが、決して曲がらず、ずっとまっすぐ走ってください。

c100604006.jpg

 10分強程度走ると、建設中の第二東名の高架が現れます。

c100604007.jpg

 第二東名の高架をくぐった次の「福田地」の交差点を右折
掛川方面へ向かいます。

c100604008.jpg

 この道は出来てまだ新しいです。しばらく道なりに走ると、また第二東名の高架をくぐります。

c100604009.jpg

 第二東名の高架をくぐり、次の信号を抜け、原野谷川を渡ります。

c100604010.jpg

原野谷川を渡ったところに、当園の看板がありますのでここを左折します。

c100604011.jpg

そこから2kmほどで、右手に当園の白壁が見えてきます。

と、袋井インターからはこんな感じです。
実際に走ってみますと、掛川インターから降りるよりは、わかりやすいかな?と思いました。

いずれにせよ当園はただの田舎にありますので、アクセスには難儀な場所ではあります。
ですが、だからこそ、妙に観光地化されておらず、まだ自然が豊に残っている場所でもあります。


なお天竜浜名湖鉄道、原田駅からの徒歩での道順は、こちらをご覧ください

掛川インターからの道順 

c100603001.jpg

6月3日 

加茂花菖蒲園は掛川と遠州森町との境にあり、掛川の市街地からも車で20分ほどかかります。
そこで、今回は掛川I.Cから当園までの道順を写真でご紹介します。

掛川市内から当園へ向うには、市内のどのルートを通っても市の北西に延びる県道40号線、
通称森町街道に入ることができれば良いわけですが、市街地を通ると信号も多く時間が掛かるので、
ここでは市街地を通らない道をご案内しました。

なお、東名高速道路をご利用される場合、当園は掛川インターからでも、
袋井インターからでも同じくらいの時間が掛かりますので、
名古屋方面からお越しの場合は、袋井インターで降りてください。

!袋井インターからの道順はこちらをクリック!

c100603002.jpg

 まず上は、掛川インターチェンジです。掛川は城下町なので、インターもちょっとだけそれらしくしてあります。

c100603003.jpg

 インターを出た交差点を右折します。

c100603004.jpg

 次の、上張南(あげはりみなみ)の交差点を直進します。

この交差点を右折し、国道1号線に出るルートもあります。
今回ご紹介したルートは、1~2か所道が細い部分があるので、
大型バスの場合は、信号が多く時間はかかりますが、上の交差点を右折し、国道1号線に出るコースの方が良いです。

c100603005.jpg

 上張南(あげはりみなみ)の交差点を直進すると、すぐまた交差点があります。ここも直進します。

ちなみに、ここを曲がるとすぐ掛川花鳥園に着きます。

c100603006.jpg

 しばらく道なりに進みます。信号の少ない、快適な道が続きます。
サッカーやミュージシャンのコンサートで有名なエコパスタジアムがこの先にあります。

快適な道なのでスピードが出ます。でも、60km制限。
スピード違反取り締まりの格好のポイントです。ご注意を!

ずっと道なりに直進します。

c100603007.jpg

 そして国道1号線まで出たら、ここを右折します。

c100603008.jpg

 国道1号線へ出たら、いちばん左側の車線を走り、そのうちすぐ「側道」の表示が出て来るので、斜め左方向、側道へ進みます

c100603009.jpg

 側道へ入って、東名高速道路の高架をくぐったら、左折します。そして、しばらく道なりに進みます。

c1006030010.jpg

 天竜浜名湖鉄道の踏み切りを渡ったら、写真の止まれの標識をすぐ左折します。
この道が、県道40号線。森町街道になります。

そして、しばらく道なりに直進します。

c1006030011.jpg

 本郷(ほんごう)の三叉路も天竜、森方向へ、真ん中の道を直進します。
左の道へ入ってはダメです。

c1006030012.jpg

 そしてしばらく進むと、原野谷川の橋の手前に「加茂荘」の看板が出てきますので、ここを右折。
後は道なりに3km弱で加茂花菖蒲園に到着します。

このルートですと、インターから加茂花菖蒲園まで25分弱程度です。
市内を通るルートよりも信号待ちが少ない分、早く到着します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。