スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セーカーハヤブサの「うらら」 

1O6R7650_2013100411053357b.jpg

10月8日 写真とブログ担当の永田です。今回は、庄屋屋敷にいる猛禽のセーカーハヤブサの「うらら」をご紹介します。

セーカーハヤブサは、ユーラシア大陸に分布するハヤブサで、木の少ない開けた草原や崖、丘などに生息しています。ハヤブサの仲間のうちでは大型で、性質は温厚で慣れやすいので、狩猟用になどに飼育されることもある種類です。

1O6R5360.jpg

「うらら」は2006年くらいに生まれたメスで、今年の春から加茂荘の庄屋屋敷にいます。普段は庄屋屋敷入ってすぐ右の隅の場所にいますが、ハヤブサですがとても優しい子なので皆様のお腕に乗せることもできます。

1O6R5373.jpg

庄屋屋敷とハヤブサ。渋い和風な感じでとてもよく似合います。フクロウとは趣が違って恰好いい記念写真が撮れますよ。

1O6R6321.jpg

花菖蒲園の開園シーズンには、時々スタッフの河合さんがうららを連れて園内を周ります。お客様には普段間近では見ることができない鳥なので、皆さん興味深く見て行かれたり、一緒に記念写真を撮ったりしていました。

1O6R6630.jpg

うららはハヤブサなのですが、実は飛ぶのはあまり得意ではありません。得意な子ならフライトショーも楽しめる種類なのですが・・・。それと、セイカーの慣れた雌はおしゃべりと言われますが全くその通りで、よくおしゃべりするそうです。

1O6R7653.jpg

顔を正面から。目がクリッとしていてとても可愛いです。生きた小動物を狩る猛禽ですが、こんなに可愛らしい表情をしているんですね。

この「うらら」も他のフクロウと同様、加茂荘庄屋屋敷の入口近辺にいますので、ご来園されましたらぜひ見ていってください。なお、猛禽スタッフの河合さんがお休みの日は、他のフクロウたちも出ていませんので、是非にという場合は、事前に当園までお電話にてご確認ください。


加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001aa.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に紹介しています。
友達になりましょう!


スポンサーサイト

クロワシミミズクのジェレミー 

131O6R9678.jpg

10月1日 写真とブログ担当の永田です。

きょうは、庄屋屋敷土間にいる、クロワシミミズクの「ジェレミー」をご紹介します。

クロワシミミズクは、アフリカのサハラ砂漠の南からケープに掛けて広く分布している大型のフクロウで、体長50cm以上、翼を広げると1m以上にもなります。クロワシミミズクは大きな黒い瞳と、目の上のまぶたがきれいな薄赤色に染まるのが特徴です。

131O6R9666.jpg

グレイシーは、1998年の4月にイギリスで生まれ、富士花鳥園へ、そして2009年からは掛川花鳥園にいましたが、今年の春からスタッフの河合さんとともに加茂花菖蒲園にやってきました。
とてもイケメンで、人間と暮らして約15年なので、フクロウとしては人に良く慣れています。

131O6R9679.jpg

ジェレミーは、兄弟のグレイシー(写真手前)とともに、庄屋屋敷入口にいます。

131O6R9663.jpg

翼を広げると1m以上にもなる大きなフクロウですが、お客様でも腕に乗せて写真を撮ることができます。

スタッフの河合さんがお休みの日は、他のフクロウなども庄屋屋敷入口には出ていないので、是非にという場合は事前にご確認の上、お越しください。

13photo.jpg

触ったりすることもできますが、スタッフのほうからの注意事項を下にご紹介致しますので、よろしくお願いします。

フクロウを触る際の注意事項です。
・触る際はまず、スタッフにお声をかけてください。

・大声を出したり、多勢で取り囲んだり、目の前で指を鳴らしたりしてフクロウが怖がることはしないでください。

・「さわろうか、どうしようか…」と迷ってフクロウの目の前で手を止めていますと、たまに、おもちゃと間違えて「パクッ」と 遊ばれてしまうこともありますので思い切り良く尚且つやさしく後ろから撫でてください。

・撫でる場所は後頭部少し下あたりが触り心地がいいですよ。お一人づつ順番にお願いします。

・ふくろうは見た目よりも身体が小さいので、後ろから強く押されてしまうと潰れてしまい、彼らも嫌がります。お尻などを触られるのも…人間と一緒で嫌われてしまうかもしれませんね。

・ふくろうを撫でていただいた後は、お手拭きのご用意もありますのでお声をかけてください。

ふくろうは、猛禽類ですが本当はとても怖がりで優しい子が多いです。マナーを守って仲良しになってください。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001aa.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に紹介しています。
友達になりましょう!


アフリカワシミミズクの「すざく」 

131O6R9693.jpg

9月10日 写真とブログ担当の永田です。

きょうは庄屋屋敷にいるフクロウから、アフリカワシミミズクの「すざく」をご紹介します。

すざくは前回ご紹介したユーラシアワシミミズクの「びゃっこ」と同じく、今年の春に掛川花鳥園のほうで生まれたフクロウです。誕生は3月14日。これでほぼ生後半年になりました。

131O6R9706.jpg

すざくはアフリカワシミミズクという種類で、この種類はワシミミズクの仲間の内ではもっとも小型で、体長45cmくらいです。でも、広い場所で他のワシミミズクと比べると、かなり小型に見えますが、家で飼って間近に見れば十分大きなフクロウです。

131O6R9712.jpg

すざくも他のフクロウと同じく、生まれた時から人の手によって育てられました。そして、アフリカワシミミズクはおとなしく、人をあまり恐れない性格なため、お客様も腕に乗せてみることが可能です。怖がらせないように撫でてみることもできますよ。

131O6R9708.jpg

生後半年でまだまだ子供なため、甘噛みもします。慣れた子なのでとても可愛いです。

131O6R9688.jpg

日中は、眠っていることも。これも可愛いです。フクロウはいろんな表情を見せてくれますね。

131O6R6880.jpg

いつもは加茂荘の庄屋屋敷入口に、他のフクロウといっしょにいますが、猛禽スタッフの河合さんが休みの日は出ていませんので、どうしても見たいという方は事前に当園までお電話にてご確認ください。(TEL:0537-26-1211)



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001aa.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に紹介しています。
友達になりましょう!


庄屋屋敷にいるフクロウ ワシミミズクの「びゃっこ」 

9月10日 写真とブログ担当の永田です。

きょうは庄屋屋敷にいるフクロウから、ユーラシアワシミミズクの「びゃっこ」をご紹介します。

131O6R9797.jpg

「びゃっこ」は、ユーラシアワシミミズクという種類で、アフリカ北部、ヨーロッパ、シベリア、中国など広範囲に生息する、フクロウの仲間のうちでは最大級の大きなフクロウです。体長はおよそ57~85cm、 翼長は160~180cmにもなります。

131O6R9796.jpg

びゃっこは今年の3月26日、掛川花鳥園の孵卵器で生まれ、生まれた時からスタッフが世話をしたフクロウです。ですから人によくなついています。

131O6R9801.jpg

猛禽スタッフの河合さんと。今年の3月末生まれですから、これで生後半年なのですが、実に巨大なフクロウです。

131O6R9793.jpg

体は大人なのですが中身はまだ赤ちゃんのようなもので、まだ力の加減ができません。お近くで見ることはできますが、巨大なフクロウなので、もしもの場合を考え、触ったりすることはご遠慮いただいています。

でも、河合さんが腕に持った形で、お客様と一緒に写真を撮ることはできますよ。


131O6R9799.jpg

いつもは加茂荘の庄屋屋敷入口に、他のフクロウといっしょにいますが、猛禽スタッフの河合さんが休みの日は出ていませんので、どうしても見たいという方は事前に当園までお電話にてご確認ください。(TEL:0537-26-1211)



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001aa.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に紹介しています。
友達になりましょう!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。