スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレプトカーパス 

4月30日 今年から、掛川花鳥園のサイトをブログ化したこともあって、同様に加茂花菖蒲園の日々の園内の様子も、ブログとして紹介してゆくことにしました。

また、開花状況のUPだけでなく、ブログにしたことで、当園全体のことを、もう少しさまざまな角度から幅広く、今年はお伝えして行こうと考えています。

当園のみどころは、花菖蒲園、庄屋屋敷 加茂荘、庄屋料理などの食事、多目的温室 と、大まかに分けて4つのポイントがあります。

きょうは、まず、ちょうど花がみごとに咲いている多目的温室のストレプトカーパスをご覧いただきます。

0804307.jpg

3000㎡の温室内には、現在約500鉢のストレプトカーパスが展示されており、さまざまな花色の花を咲かせています。

ストレプトカーパス・・・ちょっとなじみの薄い花ですが、日本の山間部の滝などの湿った垂直の岩壁などに生えているイワタバコの仲間で、アフリカ原産の植物です。

以前からフラワーショップなどでも見ることができましたが、周年開花することや、病害虫が少ない、繁殖が容易など利点が多いため、5年くらい前から独自に新しい花を改良するようになりました。

0804308.jpg

今回はそれら、当園の新品種を正確に紹介するのでなくて、きままに撮ったカットでまずどんな花か知ってもらえればと思いました。

0804306.jpg

花色はほんとうに色々あって、赤、青、すみれ、白、紫、濃ビロード紫、絞りなど、多彩です。

0804304.jpg

こういう鮮やかな赤色は冴えますね。花の直径は5cm~10cm弱ほどですが、1輪の開花期間も長く、いつまでも楽しめます。

0804303.jpg

清楚な桃色の花

0804301.jpg

こんな絞りの花もあります。

0804302.jpg

紫色系の2色花





スポンサーサイト

今日から開園です 

4月29日 きょうから6月の末日までの2ヶ月間、加茂花菖蒲園が開園いたします。

このブログでは、園内の日々の様子をご紹介してゆきたいと思います。掛川花鳥園の公式ブログと掛け持ちで、この2ヶ月間はちょっとしんどいですが、がんばって続けてゆきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

0804293.jpg

ご入園受付を通ったすぐ左に、3000㎡の温室があり、花でいっぱいになっています。このなかで喫茶や庄屋料理などもお出ししておりますし、花菖蒲やアジサイも展示されます。

写真は、開園の4月29日から5月中旬まで行われる花菖蒲の温室内展示です。冬場の正月明けから温室に花菖蒲を入れて促成させると、連休にかけて咲き始めます。

0804292.jpg

屋外にも温室で促成させた花菖蒲を並べています。花菖蒲は旧暦の端午の節句の花。つまり今の暦だと6月の花なので、新暦の端午には咲きません。これを新暦の端午に咲かせ、端午の節句を花菖蒲で祝おうというのが、この促成展示の目的です。

0804294.jpg

庄屋屋敷、加茂荘の裏にある池では、コクチョウのヒナが生まれています。生後3週間くらいでしょうか。灰色の産毛が可愛いです。体長は40cmくらいでしょうか。

0804295.jpg

ちょうど地元のNHKのカメラマンが、開園にあわせて来ていただいて、コクチョウも一緒に撮影していただきました。

0804296.jpg

庄屋屋敷では、毎年恒例のさくらそうの展示も始まりました。ただ、今年はちょっと遅れぎみとのことです。連休後半には美しく咲いてくると思われます。

0804291h.jpg

温室内では、この季節だけのさくらそうの販売も行われています。八重咲きを含むオリジナルの品種が多数販売されますので、遠方より例年マニアが多数ご来園されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。