FC2ブログ

5月29日 開花状況 

e100529001b.jpg

5月29日 きょうの午後の園内の景色です。きょうはお昼前後に雨がありましたが、強い雨でもなく、午後には止んで夕方には晴間も見られました。

上の写真は、花菖蒲園の北端からのようす。入れ替えのできる鉢仕立ての部分です。

e100529003b.jpg

きょうは週末ということで、写真を撮影されるお客様をはじめ、お昼時には家族連れなどのお客様で賑わっていました。気候も暑くも寒くも無く花菖蒲を眺めるには最適で、みなさんのどかな花菖蒲園を楽しまれていました。

yn100529002.jpg

こちらは加茂荘の長屋門前の花菖蒲田。ここの部分は地植えの圃場です。ここの部分はまだ咲き初めでこれからです。

e100529004b.jpg

花菖蒲園の奥の地植えの部分です。望遠レンズで寄せていますので、かなり咲いているように見えますが、実際には2分咲きほどです。ですが、咲き始めの蕾の状態が多く、地植えの園全体、とてもフレッシュな感じがします。

e100529005b.jpg

園内では日に日に咲き出す品種数が増えてきています。この花は前回の記事でもご紹介した、銀の月という品種。紫に白の糸覆輪の入る三英花です。

yn100529001.jpg
お蔵をバックに花菖蒲を撮影すると、花菖蒲の花色がお蔵の白壁に映えて綺麗です。

きょうは花はまだ少し早かったかも知れませんが、気候も穏やかでのんびり花を眺めるには最適な一日でした。明日も天気が良いそうで、入梅前の花菖蒲日和となりそうです。

スポンサーサイト



咲き始めた地植えの花菖蒲 

e100529007.jpg

5月29日 きょう2本目 地植えの花菖蒲が見ごろにさしかかってきました。

当園の花菖蒲の圃場は、入れ替えのできる鉢物部分と、路地植え部分に分かれています。鉢物部分は先日お伝えしたように、すでに見ごろを迎えていますが、5月も末になり、路地植えの圃場も多くの蕾が上がって、花が咲き始めてきました。

e100529003.jpg

今咲いている品種は、峰紫、桃霞、連休白、北洋、黄花の花菖蒲の系統など、先日来ご紹介した極早咲きの品種のほかに、ここ1~2日の間に早咲き系の品種も咲き始めています。

上の写真の花は早咲き系の長井古種系の出羽の里(でわのさと)という品種です。

e100529004.jpg

この出羽の里(でわのさと)は、当園の作出で、もう作出されて10数年経ちます。花の直径がおよそ7cmほどの小輪花ですが、可愛らしく人気の高い品種です。

e100529005.jpg

長屋門前の圃場でも、様々な品種が咲き始めています。写真は銀の月(ぎんのつき)という品種で、この花も当園でここ数年前に作出された品種。紫に白い縁取りが掛かり、草丈が高く丈夫な花菖蒲園向きの品種です。

e100529006.jpg

まだ緑色の部分が多いですが、よく見ると蕾がいっぱいです。様々な品種が一斉に咲き出すのも、もう秒読みの段階になってきました。これからの1週間から10日で、花数が毎日どんどん増え、最盛期の状態になってゆきます。昨日はその直前の状態でした。

今の咲き始めの爽やかな花菖蒲園の姿も美しいし、もう少し咲き進んだ最盛期の数日前頃の様子も、花や株に元気があって、それはそれで美しいです。

これからの花菖蒲園は、日々、そして時間ごと刻々に変化しながら花数を増やしてゆきます。

そんな微妙に変化してゆく園内の様子を、これから開花の最盛期に向けてお伝えしてゆきたいと思います。


メディアの取材 

5月29日 今日は当園の開園期間中、行われるマスコミの取材についてご紹介いたします。マスコミの取材は、花菖蒲の開花最盛期に先駆けて行われることが多く、ちょうどこの時期にあたります。

yn100527001.jpg

上の写真は27日に行われた、静岡朝日テレビの取材の様子です。
6月3日の「情報ザウルス」(午前10:28-10:33)内にて放送予定です。

yn100527002.jpg

写真左がスタッフの永田で、久々の収録からか、緊張しているようでした。

yn100527003.jpg

リポーターは、畠 ゆみこさん。笑顔が素敵で、魅力的な方でした。

当園招待券が番組内プレゼントとして用意されていますので是非「情報ザウルス」をご覧ください。

yn100527004.jpg

上の写真は28日に行われた、浜松エフエム放送の取材の様子で、「すずきしずかの金曜ラジオ」内の「それ行け!おじゃマン」という中継コーナーです。名物リポーターの上嶋 潤さんが、県西部地域のさまざまなスポットに、ギターを抱えてお邪魔し、自慢のギターと歌でその魅力を伝えています。

yn100527005.jpg

上の方が上嶋 潤さん。実は今年で3度目の取材ということで顔なじみであったりします。いきなりギターを弾きならし、大きな声で歌うので、お客さんが驚いていました(笑)

yn100527006.jpg

最後にスタッフの永田と一緒に撮ってもらいました。

このように、花菖蒲の見頃に差し掛かる頃には、様々なマスコミからの取材を受けます。マスコミの取材には本当に助けられています。取材していただき、ありがとうございました。


文章,写真:西村