FC2ブログ

6月5日の園内景 



e100605004.jpg

6月5日 きょうはよく晴れた晴天で、土曜日ということもあって、大勢のお客様で賑わいました。

上の写真はきょうの花菖蒲園。園の北端から南側を見たようすで、最盛期の園内です。鉢物圃場は先日まで峰紫という、紫色の花が多かったですが、この花が咲き終わってきて、紫一色だった部分がなくなってきました。圃場の奥の部分は現地に行くと様々な色の品種があるのですが、今日のような日差しの強い日は、淡い色の花は白く飛んで、遠くから見ると全体が白っぽく見えてしまいます。

そこで紫色の花が適度にあると、いいアクセントになるのですが、逆に多すぎると、くどくなるので、色彩の配分のバランスが重要になります。

e100605003.jpg

地植え圃場を見渡した様子。まだ蕾の品種もありますが、多くの品種が見ごろの状態になっています。露地植え部分の開花のピークは、あと10日間程度くらい続きます。

e100605001.jpg

加茂荘の長屋門前の花菖蒲です。今年から地植えになったので、しっかり草丈も伸び、立派な花が長屋門をバックに撮影できます。

e100605005.jpg

園内の南側の休憩所には、ペチュニアやツユクサ、ペペロミアなどが吊ってあります。ここのペチュニアは当園で独自に改良したもので、性質が丈夫で、花が多く咲き、吊り鉢仕立てに向くよう、改良を進めたものです。ユリのような香りがほのかに漂います。

e100605006.jpg

北側の休憩所では多くのお客様が涼んでいました。こちらは南側の休憩所と違って、瓦屋根なので涼しく、みなさんのんびりくつろいだり、庄屋弁当やおはたき餅、あやめだんごを花を見ながら召し上がっておられました。

e100605007.jpg

お蔵の前の撮影ポイントには大勢のカメラマンが写真を撮っていました。きょうも昨日に引き続き雲のない晴天で、週末ということもあってカメラを手にされた方も多く見えましたが、ちょっと晴れすぎで、写真家には申し訳ない日でした。

明日の日曜日はもう少し曇ると良いなと思います。

スポンサーサイト



花売店 

yn100604003a.jpg

6月5日 今日は当園の温室内にある、花売り場についてご紹介いたします。
温室内の喫茶コーナーの奥の場所に、この温室内で展示されている植物を鉢花として、お持ち帰りしやすいサイズの苗がお求めやすい値段で販売しています。

yn100604007.jpg

一番の売れ筋はストレプトカーパスで、イワタバコ科のこの植物は、室内の窓辺の光で長期間花を咲かせ続けることができますし、冬越しも比較的容易です。色彩のバラエティーも豊富で、何鉢もご購入いただけるお客様も多いです。一鉢700より。

yn100604004.jpg

次に、上の写真は球根ベゴニアです。球根ベゴニアは夏場の高温多湿に弱く、ご購入されても夏越しがやや厄介ではありますので、切り花感覚として、このままの状態で1カ月ほどは鑑賞できます。以前購入いただいたお客様で、今年も咲いた方がいらっしゃいました。一鉢800円より。

yn100604006.jpg

次に、上の写真はフクシアです。南米アンデスの原産で、イギリスにて改良された花です。下向きに垂れ下がる花が美しく、南米のインカでは女王様の耳飾りと呼ばれていたそうです。この花も球根ベゴニアほどではありませんが、夏にやや暑がるので、軒下などで管理します。一鉢800円より。

そのほかにも、伊勢ナデシコ、コリウス、ギボウシなどの花々が販売されています。

yn100604002.jpg

販売スタッフの對馬(つしま)さん。長年これらの花を栽培されてきたプロなので、何か分からないことがあれば、気軽に聞いてください。

西村