FC2ブログ

屋敷のかまどで大豆を炒っています 

11月17日 ブログ・写真担当の西村です。今日は庄屋屋敷の土間の、かまどの火で大豆を炒っていたので、その様子を撮ってみました。ここで炒った大豆は、蒸して、しょうゆの実を作ります。

yn111117003.jpg

大豆が焦げないように適宜しゃもじで全体をかき混ぜます。

yn111117001.jpg

薪が良く燃えるように、竹の筒を使って息を吹き込んでいました。ガスなどとは違い、煙がたくさん出るので涙が出てきて滅入ります。

yn111117002.jpg

それでも真っ赤な火をじぃっと見ていると、どこか懐かしい気持ちになるというか、心がすっと落ち着きます。薪がパチパチ燃える音、火が揺らめくさまは見入ってしまうような魅力があります。

yn111117004.jpg

屋敷は裏山を背に建っているため、夏は涼しいのですが、冬場は寒くて…。この季節は、かまどの火が暖炉となります。かまどの周りは自然とお客様が集まります。

yn111117005.jpg

炒り具合が進むと、水分が飛び、しゃもじでかき混ぜたときカラカラという乾いた音がします。

yn111117006.jpg

火入れから小一時間で、炒り大豆ができました。


フェイスブックでも紹介しました。
晩秋の加茂荘の風景


加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


スポンサーサイト