『花の森~生命の館~』 

10月12日(金)朝のテレビ朝日系『やじうまテレビ』の天気予報 5時30分、7時前後、8時代に、緑化フェア 「花の庭」花鳥園ブースからの生放送があります。


9月30日 ブログ・写真担当の西村です。
昨日の29日、全国都市緑化フェアTOKYO 2012(以下東京緑化フェア)がめでたく開幕しました。

今回は、当グループも出展している井の頭恩賜公園会場のオープニングプログラム(以下開幕式)の様子と開幕初日の出展会場内の様子をご紹介いたします。

yn120930003.jpg

当グループが出展した温室「花の森~生命の館~」の外観。井の頭恩賜公園の南端、三鷹の森ジブリ美術館から南隣りに位置する西園エリアの正面にあります。会場のエリアマップの詳細はこちら 敷地面積約1,000平方メートルの、当グループでは一番小さな展示温室です。

世界最新の技術を駆使して作られた温室には66%反射ミラーガラスが使われていて、周りの林や青空を映しこみ、周囲に同化するかのように風景に溶け込んでいます。

yn120930002.jpg

井の頭恩賜公園会場での開幕式の様子。写真左端の女性から3番目が当グループの代表取締役、加茂元照です。同式は公園が位置する、三鷹市・武蔵野市の両市長や選出の都議会議員なども参加したテープカットで締めくくられました。

yn120930005.jpg

開幕式の伴奏を担当された女性弦楽器グループの方々。この後、花の中でのコンサートも担当されました。

yn120930001.jpg

開幕式の後、一般のお客様がゆっくりくつろげるよう、急いで温室内に机と椅子を並べました。花鳥園は東日本初出展です。関東にお住みの方には、このような花の展示はなかなか新鮮なようで、驚かれる方もたくさん見受けられました。驚きの声と顔を見るたび、我々スタッフは本当に嬉しくなりました。

yn120930007.jpg

ずっと奥まで花が続く…ように見えますか?実は、温室の四方の壁を鏡で囲っていて、合わせ鏡の効果でコンパクトな温室内に無限の空間を作り出し、無数の花を散りばめています。

yn120930006.jpg

温室内では当グループ発祥の加茂荘で代々伝わる食材を使った庄屋弁当や、同じく代々伝わる甘酒を使ったアイスクリーム、

yn120930004.jpg

グループ園の富士花鳥園で仕立てたフクシアやアブチロンの鉢苗などが販売されていて、たくさんのお客様にお買い求めいただきました。

東京緑化フェアは10月28日(日)まで。みなさまのご来館を心よりお待ちしております。




加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001a.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!




本日スタート 東京緑化フェア 

120929001a.jpg

いよいよ今日から、東京緑化フェアがはじまりました。

私たち花鳥園グループは、東京 井の頭恩賜公園会場に約1000㎡の温室を建設し、コンパクトなミニ花鳥園を提案。インドアの緑化事業として様々な業種、施設との融合の可能性を模索し展開してゆく、当グループの新たなスタートでもあります。

東京緑化フェア 公式サイト


また会場内の様子が届きましたら、ご紹介させていただきます。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001a.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!

いよいよ始まります 東京緑化フェア 

IMG_9315120927.jpg

9月27日 写真とブログ担当の永田です。

いよいよ来る9月29日(土)から、東京緑化フェアが東京都の6つの会場で開催されます。

東京緑化フェア メインサイトへ

当グループはそのなかでもメイン会場である、井の頭恩賜公園会場に広さ960㎡温室『花の庭~生命の館~』を建設し、これまでの当グループの長年の成果を展示紹介してゆきます。

IMG_9405120927.jpg

この温室は広さ960㎡温室で、面積的にはこれまで当グループが建設したなかでは最も小型の展示温室です。しかし温室内の壁面に鏡が取り付けてあり、この鏡効果によって空間が際限なく広がっており、小さな温室ながら、無限の広がりのある空間となっています。

IMG_9422120927.jpg

温室のコーナーは、相対する鏡が反射しあって、まるで万華鏡のような効果が得られています。

IMG_9431120927.jpg

温室の外観

この温室は壁の半透明メッキガラスの鏡効果で周辺の森や芝生や、そして空の雲までを壁面に大きく映し出し、周辺の空間を拡大しています。「周辺空間の拡大効果」まで考えていなかったが、結果的にはその効果があり、「小さくても大きく見える温室」になったのです。

花鳥園は遠くにある大自然を近くに引き寄せ、身近に植物、鳥、魚などと楽しく接する機会を提供する施設です。この目的を達成させるには必ずしも10000㎡の大温室でなく、1000㎡程度でも達成でき、大都市に適する花鳥園が出来るかも知れない、と考え、都市緑化フェアに960㎡の圧縮花鳥園型小温室を出展し、専有面積は少なくてもリッチな内容を濃縮して盛り込むことになったのです。

私は1000㎡の小型花鳥園には「花レストラン」として良い空間だということをだいぶ前から考えていましたが、公園の中に、大きく見える施設としては意識しておらず、「小さすぎてインパクトに欠ける」と思っていました。しかし、今回のフェア温室ではその点が吹っ切れ、将来性を感じています。(社長談)

120925東京新聞朝刊

9月25日 東京新聞朝刊にて紹介された東京緑化フェアの記事。

いよいよ9月29日から始まる東京緑化フェア。当グループとしては東日本初の進出となります。ぜひご来場いただき、小さくとも無限の広がりを見せる鏡の空間をご体験いただければ幸いです。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001a.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!

東京緑化フェアまでもう少しです。 

9月13日 ブログ・写真担当の西村です。
花鳥園グループも出展する、「第29回全国都市緑化フェアTOKYO」(以下、東京緑化フェア)まであと約2週間となりました。

120722002.jpg

東京緑化フェアは6公園を会場に、9月29日から30日間にわたって開催され、公園ごとにテーマがあります。当グループが出展するのはメイン会場の一つ、井の頭恩賜公園でテーマは「ふれあいとにぎわい、交流の風」。花の中、鳥と遊ぶをコンセプトに、花と鳥との触れ合いを目標に掲げてきた当グループにはうってつけの会場です。

当グループはこの会場に1000㎡の温室 「花の庭―生命の館」 を出展します。

E01c掛川花鳥園 花の下のレストラン
「花の庭―生命の館」のイメージ -掛川花鳥園-

「花の庭―生命の館」は、上の写真のように、大温室の天井一面を圧倒的な花のボリューム感の空中花壇で飾ります。今回の出展が関東初上陸となりますので、関東にお住みの方には初めてご覧になるお客様も多いかと思います。ご来館いただいた皆様の驚いた顔が今から楽しみです。

120913001.jpg

開幕前の「花の庭―生命の館」の様子。側面はミラーガラスになっていて、周りの樹木を映しこんでいます。映し出す景色は時間の経過と共に刻々と変わっていき、モダンな造りながら自然と調和がとれています。

120913002.jpg

開幕前で人の出入りが制限されているため寂しい感じがしますが、期間中はのべ100万人のお客様が見込まれていると思うと、身が引き締まる思いです。

中は開幕まで秘密です(笑)しっかり驚いていただきますので、ご期待ください。



当グループ初の花鳥園である富士花鳥園は今年で22年目。その間、西日本を中心に3園を開園し、花と鳥との触れ合い・人との共存をテーマに日々取り組んできました。
20年以上をかけて独自に積み上げた知識とノウハウを結集し、植物との触れ合いをこれまでにない新しい切り口でご来館の皆様にご案内いたします。