『3.11日常』上映会 in 加茂荘 

来る3月9日(土)の夜、加茂荘の2階画廊で映画の上映会を行います。

『3.11日常』上映会 in 加茂荘

main01.jpg

題名 『3.11日常』

[監督/わたなべりんたろうの言葉]
4月末に物資支援及びボランティアで南三陸に行き、そのときに被災地の様子は映像で収めきれないが何かできないかと思い、ツイッターで知った長年に渡って反原発の活動を一貫しておこなっている京都大学原子炉実験所の小出裕章助教を中心にしたドキュメンタリーを制作することにしました。
小出助教を取材撮影しましたが、見切り発進だったのでフリーペーパーで知ったクラウドファンディング(ネットで資金を募る方法)で資金を調達しました。
他に、水野美紀さん(3月に被災地でボランティア活動をおこなう)、ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬さん(阪神大震災と同じく、被災地でボランティア演奏をおこなう)、高橋健太郎さん(3.11以降、従来の音楽関連から変わり、原発/放射能関連のツイートを多く発信)、19才~22才の若者ハンスト(経済産業省前で10日間おこなう)も取材撮影して完成させたドキュメンタリーです。
100名以上の方々の協力をいただき完成させることが出来ました。音楽にソウル・フラワー・ユニオン、ミト(クラムボン)の音楽などを許可をいただき使用しています。
手作り感溢れる作品ですが、少しでも多くの方に観ていただけたらと思っています。
(わたなべりんたろう)

作品のホームページ

[応援コメント]
「あの日を境に、日本が、いや、世界がいかに一変してしまったかということに、今一度自覚的になり、決して慣れたりせず、そして変わってしまった世界で生き抜く為にも、観ておくべき映画だと、俺は思う。こんな世界でも幸せに生きることが、きっとできる」
ケラリーノ・サンドロヴィッチ

「シンプルで素直な作りながら3.11以降の情報カオスに対し確かな肉声を放つ方々の存在と言葉の映画への定着は頼もしく貴重な限りです」
石井岳龍(監督/「狂い咲きサンダーロード」「生きてるものはいないのか」など)



[出演者]
小出裕章
(京都大学原子炉研究所)
水野美紀(女優)
中川敬(ミュージシャン)
高橋健太郎
岡本直也
米原幹太
関口詩織
山本雅昭


音楽/ソウル・フラワー・ユニオン、ミト(クラムボン)など

監督/わたなべりんたろう
(ライター/「ホットファズ」「ハングオーバー」公開署名活動、「週刊朝日」映画欄の星取評など)
上映時間/81分
公式Web
http://www.311everydayliving.com/

日時: 3月9日(土) 18時(開場) 19時(上映開始)
                (上映終了後、監督と主催から挨拶、座談会の開催予定)
場所: 加茂荘母屋2Fの画廊


会費: 1300円(被災地の方の手作りのしおり付き)
※加茂荘さんのご好意により、掛川茶と自家製甘酒(とっても美味しい)がふるまわれます。



●主催者コメント
加茂荘で東北のドキュメンタリー映画の上映会をすることになりました。
被災地での上映ボランティアで出会った友人が監督した作品で、とても良い作品なので、沢山の方に観て欲しいです。

主催(お問合せ):加茂桃子(momokokamo@gmail.com

人数確認のため、事前に参加人数を連絡くれると助かります。
もちろん当日参加もOKなので、ふらっと来られるかたも歓迎です。



IMG_9060.jpg

上映会のお土産にこれらのしおりなどを差し上げます。



メモノートプレゼント
期間 2月1日~4月26日
加茂荘長屋門受付にて、当園のホームページ、ブログ、メルマガなどを「見ました!」と言って下さった方に、もれなく当花鳥園グループのオリジナルのメモノートを、一名様一冊プレゼント致します。


デニムブラストアート展を開催します。 

3a130226.jpg

2月26日 写真とブログ担当の永田です。

来月3月2日(土)より、加茂荘長屋門内部のギャラリーにて、地元のクラフト作家、土屋誠一さんによるデニムブラストアートの作品展示と即売会を行います。

■土屋誠一 デニムブラストアート展
期間 :2013年3月2日~17日
時間 :午前9時30分~16時
入館料:1000円

詳しくはホームページをご覧ください。
土屋誠一 デニムブラストアート

61302226.jpg

デニムブラストアートとは?
細かな砂をコンプレッサーで圧縮された空気と共に吹き付け、ガラスなどを彫刻するサンドブラスト技法。その技法を、デニム生地に施し、オリジナルデザインで仕上げた作品を「デニムブラストアート」と名付けました。デニムの藍色と、表面を削った後の淡い白とのコントラストが模様を際立たせ、味わい深い作品を生み出します。

4130226.jpg

デニムのダメージ仕様にサンドブラストが使われているのは良く知られていますが、アート作品として手掛けているのは、まだ見る機会は少ないのではないかと思います。
平成15年に手掛け始め今に至っていますが、このアートが広く世間に認知されるように願っています。

1130226.jpg

この「デニムブラスとアート」は土屋氏のオリジナル技術で、他では見られない作品の展示です。大小併せ約30点ほどが展示されるほか、販売も行われます。

121226001130226.jpg

会場は、加茂荘長屋門入ってすぐ右側の長屋門内部の展示スペースです。3月17日(日)までの展示です。どうぞお越し下さい。


メモノートプレゼント
期間 2月1日~4月26日
加茂荘長屋門受付にて、当園のホームページ、ブログ、メルマガなどを「見ました!」と言って下さった方に、もれなく当花鳥園グループのオリジナルのメモノートを、一名様一冊プレゼント致します。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001a.jpg

園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!

しょうゆの実仕込み 

1O6R5566.jpg

2月20日 写真とブログ担当の永田です。この寒い季節に当園の伝統食「しょうゆの実」の仕込みを毎年行っていますので、ご紹介致します。

「しょうゆの実」は、もろみを寝かし、「たまり醤油」を採った残りに、ユズ、ショウガ、シソの実、ナスの干したものを混ぜて漬け込んだものです。当家菩提寺の最福寺のものは、特に「最福寺納豆」と呼ばれています。独特の強い香りに好き嫌いが分かれますが、染め飯やちまきをしょうゆの実でいただくと、たいへん風味良く、まさに加茂荘の味がします。

130220005.jpg

昨年の12月初めに豆麹から仕込み、今年の1月初めに水、塩を加えたものから「たまり醤油」を搾っている様子です。この一樽で50kgです。今年はこれを5つ作りました。

130220004.jpg

このもろみに薬味を混ぜてゆきます。これは干したユズの皮。

130220002.jpg

干したショウガ

130220001.jpg

干したナス。夏場の炎天下で日干しします。

130220003.jpg

干したシソの実。

130220006.jpg

これらをもろみに混ぜてゆきます。

130220007.jpg

混ぜている様子。

130220008.jpg

これを樽に戻し、3°程度の冷蔵庫で寝かせると、今年の5月6月の花菖蒲シーズンには、皆様にお出しできる「しょうゆの実」が出来上がります。

1O6R5574a.jpg

この「しょうゆの実」は、150g入800円で庄屋屋敷で販売しています。もちろん花菖蒲の開園期にも園内の売店で販売したり、「庄屋料理」や「庄屋弁当」にも入っています。
味としては、ちょうど浜納豆や大徳寺納豆の、より風味が強くなったものと考えていただければ、それほど遠くないと思います。当園のお土産ならまずコレ!とお勧めしたい珍味です。



メモノートプレゼント
期間 2月1日~4月26日
加茂荘長屋門受付にて、当園のホームページ、ブログ、メルマガなどを「見ました!」と言って下さった方に、もれなく当花鳥園グループのオリジナルのメモノートを、一名様一冊プレゼント致します。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001a.jpg

園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!



今年の開園に向けて 

1O6R375613.jpg

2月16日 写真とブログ担当の永田です。まだ寒さが続いていますが、園内では今年の4月末からの花菖蒲園の開園シーズンに向けて準備が始まっています。

上の写真は園内の加茂荘の蔵の前の池。花菖蒲のシーズンには、ここに鉢植えの花菖蒲が並び、蔵の前ではスイレンが咲きますが、今の季節はこんな状況です。

1O6R374813.jpg

こちらは生産温室で促成している花菖蒲です。5月のゴールデンウィークに展示温室で咲かせるため、1月から温室へ入れて促成しています。新芽もかなり伸びて来ました。ここで促成している品種は本来なら6月中旬に咲く極大輪系の晩咲種が多いのですが、こうして促成することで4月中旬頃より蕾が上がり、4月末頃から花が咲き始めます。

1O6R374513.jpg

こちらは園内の井戸水で促成している花菖蒲。気温が氷点下に下がる朝でも、井戸水の水温は13°程度なので、この水を夜間流しておくだけで促成になります。ここで促成している品種は、普通栽培でも5月中旬過ぎに咲く極早咲きの品種で、それを井戸水促成することで連休に間に合わせています。

1O6R375213.jpg

そして今年は、当園のが育成したオリジナルアジサイの数々も、連休から展示温室で展示すべく促成を始めました。当園は近年のアジサイブームの代表的な品種「ダンスパーティー」をはじめ、様々な品種を育成したことでも知られるようになりました。

今年は連休から、約100鉢程度のオリジナルアジサイの展示を行いいたいと考えています。

333855_256653824415613_1518165539_o.jpg

園内の古寺では今、マンサクの花が咲いています。もう20年以上前に植えたもので、大きな木になってきました。

1O6R3738a13.jpg

園の周辺で見つけたふきのとう。当園の周辺は、未だに豊かな自然が残されており、早春はわらびやぜんまいなど山菜が採れ、4月は周辺で山桜も多く咲き、5月末にはホタルも飛び交います。

こうした自然豊かな里山の環境のなかで、今年も花菖蒲のシーズンがやってきます。



メモノートプレゼント
期間 2月1日~4月26日
加茂荘長屋門受付にて、当園のホームページ、ブログ、メルマガなどを「見ました!」と言って下さった方に、もれなく当花鳥園グループのオリジナルのメモノートを、一名様一冊プレゼント致します。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001a.jpg

園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!

香りスミレ展始まりました。 


1O6R3482.jpg

香りを高めた新作スミレ展
期間:2月中旬~4月末(予定)
園内、展示温室にて開催中


2月7日、写真とブログ担当の永田です。園内の展示温室にて、今年も香りスミレ展が始まりました。

フェイスブックのほうでも多くの写真を掲載しました。
香りスミレの展示が始まりました。

当園では2010年頃より甘いスミレの香りに注目した品種改良を始め、年々良い香りの花が増えて来ました。スミレ(パンジー)が香るというのは、ちょっと実感できない方もおられると思いますが、パンジーの既存品種の中にも香りのある品種が見られ、この香りに着目し育種を進めると、実に春らしい甘く優雅な香りのする系統が生まれてきます。

1O6R347913.jpg

それとともに、目を見張るのがその花色。香りに重点を置いた改良なので、花形花色を一定のものに揃えるという育種ではないため、微妙な色彩を持った実に様々な花が現れます。

1O6R353513.jpg

このようななんとも表現しにくい、微妙な色彩の美しい花が現れます。

1O6R312813.jpg

青紫と白のコントラストの美しい花。

1O6R351113.jpg

ピンクに底白ぼかしとなるタイプ。

1O6R352913.jpg

この花もブルーと黄色のコントラストが綺麗でした。

1O6R352213.jpg

こちらは栽培温室のスミレの育種場です。

当園でなぜスミレの育種を始めたかというと、当グループの社長の加茂と、親しくしていただいている株式会社ロッテ(LOTTE)の重光会長との交流から、詩人ゲーテの詩にモーツアルトが作曲した「すみれ」が話題になり、スミレの育種、特に香りのあるすみれの育種に取り組んではどうかということになり、種子を海外より取り寄せ改良を始めました。

この香りスミレの展示は、今春4月中旬頃まで楽しめます。


メモノートプレゼント
期間 2月1日~4月26日
加茂荘長屋門受付にて、当園のホームページ、ブログ、メルマガなどを「見ました!」と言って下さった方に、もれなく当花鳥園グループのオリジナルのメモノートを、一名様一冊プレゼント致します。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001a.jpg

園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!



ふくろうおじさん(土屋誠一さん)の工房にお邪魔しました。 

2月6日 ブログ・写真担当の西村です。

yn130204006.jpg

今日は「ふくろうおじさん」こと土屋誠一さんの工房、誠一庵を訪ねて、同氏の作品「デニムブラストアート」に触れてきましたので、こちらをご紹介いたします。

yn130204005.jpg
彫刻家・土屋 誠一(つちや せいいち)さん

土屋さんは、当園のある掛川市の隣にある島田市に工房を構え、地元大井川の石を使いサンドブラストや手彫りによる様々な作品を制作されています。週末の掛川花鳥園で作品の展示・販売を行うほか、花菖蒲シーズンの当園でも展示会を開いていただき、当グループと親交の深い芸術家です。

yn130204008.jpg
眼光

石の彫刻を行う傍ら、10年ほど前より、デニム生地サンドブラストをかけてオリジナルデザインを施した作品デニムブラストアートを製作されています。サンドブラストとは、細かな砂をコンプレッサーで圧縮した空気と共に吹き付け、ガラスなどを彫刻する技法で、土屋さんはこれまでデニム生地やタイルなど様々な素材にこれを用い、数々の作品を発表しています。

yn130204001.jpg
ゴム製のシートを張る様子。シートのある部分はデニム生地の藍色が残って濃淡が生まれる。

サンドブラストはジーンズのダメージ仕様にもよく使われていましたが、土屋さんはデニム生地の藍色と、サンドブラストで表面を削った後の淡い白とのコントラストが模様を際立たせ、味わい深い作品になることを発見。

まだ実験段階ですが、ジーンズに直接サンドブラストをかけることで日常使う衣類に芸術作品ともいえる側面を持たせ、ファッションに新たな風を吹き込もうと奮闘されています。

yn130204002.jpg

サンドブラスターと呼ばれる、砂が舞い散らないように手だけ差し込む装置内で作業をします。

yn130204004.jpg

サンドブラスターに入れて、砂を吹きかけること10分ほどで完成。デザインによってかかる時間が異なるようです。あとは洗濯をして砂を落としていよいよ履けるようになります。

ジーンズの新しい可能性を感じた一日でした。

さて、このデニム・ブラストアートは3月に当園で行われる展示会にてご覧いただけます。

展示会の詳しい内容など決まりましたら追ってご連絡いたします。

・・・・・
誠一庵(せいいちあん)
平日 午前10時~午後4時(来所の際はお電話ください)
〒428-0037 静岡県島田市菊川661-1
TEL 0547-45-0567
オフィシャルウェブサイト
http://www.owl-dream.com/
デニムブラストアートページ
http://denim-blast-art.p2.weblife.me/
・・・・・





メモノートプレゼント
期間 2月1日~4月26日
加茂荘長屋門受付にて、当園のホームページ、ブログ、メルマガなどを「見ました!」と言って下さった方に、もれなく当花鳥園グループのオリジナルのメモノートを、一名様一冊プレゼント致します。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001a.jpg

園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!