FC2ブログ

冬咲き紫陽花を富士花鳥園で展示しています 

1月8日 母屋担当吉村です。

世界一大きい「富士吉祥冬咲紫陽花(ふじきっしょうふゆざきあじさい)」が
12月に日本で初めて咲きました。
富士花鳥園の展示ブースにて1月末まで展示を行っています。
(富士花鳥園:静岡県富士宮市根原480-1 TEL.0544-52-0880)
※当園では展示は行っておりません





アジサイは普通6月、梅雨時の花として知られていますが、
この時期に直径30cmもある八重咲きのアジサイが咲くのは大変珍しいことです。

これらのアジサイは、当園の育種家・一江豊一(いちえとよかず)が
25年かけて育種・栽培したものです。
一江は新品種を多数育成して日本のアジサイづくりを牽引してきました。
四季咲きアジサイを次々と創作する中で、
冬のこの時期に咲くアジサイ群を完成させたのです。

今回咲いたのは、世界一大きい「てまりてまり」、純白の「ダンシングスノー」、
紫からピンク、そして緑がかる七変化の「モナリザ」など7品種80輪を超える名花の数々です。

当園でも4月頃よりオリジナルアジサイの展示を行いますので、楽しみにしていてくださいね。

twitter@KamoIrisGarden

スポンサーサイト