ストレプトカーパスの新花 

yns100507010.jpg

5月9日 今日は温室のストレプトカーパスの新花をご紹介いたします。
ストレプトカーパスはアフリカ原産のイワタバコ科の植物です。

もともとイワタバコ科の多くの種は熱帯から亜熱帯に分布するため、聞きなれない方も
いらっしゃるかもしれません。タバコにはなりませんので間違っても口に含まないでくださいね。

一輪の花の直径は6,7センチほどとそれほど大きくありませんが、まとまってたくさん
咲くためボリュームがあります。花持ちも良く、一輪の花で一週間ほど楽しめます。

yns100507001.jpg

ストレプトカーパスは花色の幅が大きく、バラエティー豊かであるほか、比較的病害虫
に強く、葉挿しで容易に殖えるため、当園では10年ほど前から、品種改良を行っております。

今回、みなさんに開園前の当園オリジナル・ストレプトカーパスの新花をちょこっと
ご紹介いたします。

yns100507002.jpg

藤紫にピンク色の絞りの入った豪華な花です。絞りの入った花はまだまだ珍しいと思います。

yns100507003.jpg

小さなピンク色の丸い花弁が可愛らしいカーパスです。4センチほどの小さな花ですが
たくさんまとまって咲くのでボリューム感があります。

yns100507004.jpg

白く縁取られた覆輪がワインレッドをより一層際立てていて、見ごたえのある花です。
目を凝らしてみると、網目状の模様が入り、珍しい花色です。

yns100507008.jpg

紫色で、花弁の先にフリンジの多く、派手な印象の花です。当園ではこのような八重品種
の作出にも力を入れています。


なお、これらの花はまだできて間もない花なので名前がついていません。
開園期間中は売店にて花苗の販売も行いますので、お気に入りの花を見つけて
ぜひご購入ください!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/103-06ffc958