今日は暖か 

e100514001.jpg

5月16日 今年は天候不順で寒いとか言いながら、それでも今週末の花菖蒲園開園を前に、花菖蒲の花も咲き始めてきました。

22日の開園にどれくらい花が咲くかは、ほんとうに今後の天候次第で、今週が暖かな日が多ければ、それだけ咲き始める花も多くなります。

きょうは昨年も少しご紹介した、花菖蒲以外のこの季節の屋外の花をご覧いただきます。

e100514002.jpg

加茂荘の蔵近くにある庄屋屋敷の裏口付近に咲くスイカズラの花。別名の「忍冬」は、冬にも緑の葉を残し、寒い冬に荷耐え忍ぶことによります。「スイカズラ」の名はその漏斗状の花の元部に甘い蜜があるから。花からも甘いこの季節の香りがします。

e100514007.jpg

庄屋屋敷の裏の池にはノバラが咲いていました。この角度から見る花は、やや終わりですね。池には今年の春、姉妹縁の神戸花鳥園から、錦鯉が運ばれました。

e100514009.jpg

あたり一面、ノバラの甘すっぱい香りでいっぱいでした。

ノバラというと、軽井沢を舞台にした堀辰雄の小説「美しい村」を思い出します。大勢の観光客で賑わう前にノバラが咲くのは、小説でもここでも同じだなと、毎年この花を見るたび思います。

e100514006.jpg

そのノバラの池に、掛川花鳥園からカモなどもやってきました。

e100514008.jpg

この池のすぐ裏の山では、黒竹の筍も生え始めました。黒竹は幹の黒いハチクの仲間で、この筍もハチク同様食べられます。この地方でハチクの筍が生えて来るのは、例年5月の20日過ぎですが、この黒竹の筍はそれよりもかなり早く、5月の連休後には生えはじめます。

e100514005.jpg

極早咲きの北 洋(ほくよう)という品種の蕾もほころび始め、今週末の開園がいよいよ近づいてきました。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/109-703b52bf