スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の花菖蒲の開花予想 

e100602004.jpg
6月2日の様子

今年の花菖蒲の開花予想です。現在の気候をもとに例年の開花状況を考慮して予想してみました。

※ このページは、日々の気候の移り変りを見ながら、気が付いたときに更新してゆくことにします。ご来園時のご参考になれば幸いです。




6月9日改訂
5月22日~5月末日頃 1~2分咲き~
22日の開園当初は花がまだ少なめですが、日ごとに花数は増えてゆきます。5月末頃には鉢物の花菖蒲田部分は極早咲きの品種も咲き進み、かなり見られるようになってきます。期間の終わりになるにしたがって花数が増えます。

● 多目的温室内では、当園オリジナルアジサイ加茂セレクションの花がすでに開花しています。

6月1日~5日頃 見頃を迎えます
3分咲きから日に日に花数が増え、週末には最盛期にかかってきます。周囲の新緑や花菖蒲の葉の緑に浮かび上がる花が美しい頃です。この頃は気候もまだ涼しく、満開とは別のもうひとつの見頃と言えます。

● 多目的温室内では、当園オリジナルアジサイ加茂セレクションも見ごろを迎えています。

6月6日~10日頃 最盛期
露地植えの花菖蒲は最盛期を迎えます。このところ晴れで気温が高い状態が続いたため、最盛期を迎えるのが幾分早まりました。

● 露地圃場は開花最盛期を迎えますが、極早咲きは開花が終わりますので、最盛期でも終わった花、まだこれからの蕾などがあり、桜のソメイヨシノのような、いわゆる「満開状態」にはなりません。

● またこの期間は、鉢物圃場の極早咲きが咲き終わる頃で、スイレン池前の鉢物部分は花が少し少なくなります。

6月11日~15日頃 最盛期
開花最盛期の状態が続きますが、露地植えの圃場は最高の状態から日が進むにつれ徐々に花数を減らしてゆきます。今年は6月13日の日曜日がご来園されるお客様がいちばん多くなりそうです。期間の終盤には露地植え部分は、やや花が少なくなりそうです。

● 多目的温室内では、ユリの花も咲き始めます

● 園内の露地植えアジサイも、この頃より見頃を迎えます。

6月16日~20日頃 5分咲き~
露地栽培の圃場は日ごとに花数が少なくなってきますが、晩咲きの品種もあり、一気に花が少なくなってしまうわけではなく、期間の初めの頃はまだじゅうぶん楽しめますが、それでも期間の終わりになるにしたがって、花数が減ります。

鉢物花菖蒲も咲き揃います。鉢物は珍しい品種も多く栽培していますので、それらの品種を目で見て購入できるこの時期は、花菖蒲好きにはいちばんねらい目な時期になります。

6月21日~27日頃 3分咲き~
露地栽培の圃場は花がなくなって来ます。園全体を通して、期間の終わりになるにしたがって、花数が減りますが、
鉢栽培の花菖蒲は、今年は閉園の27日まで花が楽しめると予想しています。

● 園内の露地植えアジサイは、最盛期となります。


昨年の園内景も参考になります。
なお、下のリンク先の昨年の開花シーズンの様子もご参考になります。昨年は今年よりやや開花が早く進みましたので、今年は昨年の日にちに3~4日足して考えていただければ大体かと思います。例えば昨年の6月1日の園内は、今年の6月5日頃と考えていただければと思います。

● 2009年5月の開花シーズンの様子   ● 2009年6月の開花シーズンの様子

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/113-2212a03c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。