FC2ブログ

5月26日の開花状況 

e100527001.jpg

5月26日 きょうの開花状況です。このところ強い風雨や気温の低い日もありましたが、花菖蒲の開花は確実に進んでいます。上の写真は花菖蒲園の北端から撮影したものですが、手前の部分は入れ替えのできる鉢仕立てなので、すでに十分見頃を迎えています。

今咲いている品種は、ほとんどが当園で育成した極早咲き系の花で、濃い紫色の峰 紫(みねむらさき)、青紫の北 洋(ほくよう)、白花の連休白(れんきゅうしろ)、ピンクの桃 霞(ももがすみ)など、極早咲き系の当園の定番の品種です。

この写真の場所からだと、すでに最盛期に近い状態ですね。きょうは一日中晴天で、風が強く、花菖蒲には良いコンディションではなかったですが、花はかろうじて持ちこたえているようでした。

e100526004.jpg

こちらは地植えの部分です。地植えの部分は6月の中旬くらいに開花の最盛期が来るように、中咲きの品種が多く、極早生咲きの品種は少ないので、いまだこんな感じですが、それでも極早生咲きとともに、早咲き系の品種も咲き始めました。

ですがどうでしょう。様々な品種の開花の進み具合から言って、今年は今のところ例年のおよそ3日遅れかなという感じです。それほど、遅くもありません。

昨年の最盛期のなかで一番だと私が思った日が、6月7日前後でした。その分からすると、今年は6月10日前後にピークが来そうな感じです。

e100526001.jpg

極早咲きの諏訪原城(すわはらじょう)という品種。戦国時代に近隣の菊川にあった武田軍の出城からの命名で、当園の作出です。この花を作ったとき、「名前何にする?」と当時働いていた園の同僚に聞いたところ、その人が菊川の出で、地元の旧跡の名がいい。とのことで、この名に決まったものです。

この花は、白に青の立ち弁がさわやかな感じの二色花で、人気があります。

e100526002.jpg

こちらは極早咲きの桃 霞(ももがすみ)。当園の作で、桃色では定番の品種です。花色もやや濃く、花に藤色味を感じさせず、早い時期の花菖蒲園を明るく彩ります。

e100526003.jpg

加茂荘の蔵前のスイレンも、とてもきれいに咲いています。

花菖蒲園は、助走期間を経て、今度の週末くらいから見頃に差し掛かると思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/122-91d15aa0