FC2ブログ

咲き始めた地植えの花菖蒲 

e100529007.jpg

5月29日 きょう2本目 地植えの花菖蒲が見ごろにさしかかってきました。

当園の花菖蒲の圃場は、入れ替えのできる鉢物部分と、路地植え部分に分かれています。鉢物部分は先日お伝えしたように、すでに見ごろを迎えていますが、5月も末になり、路地植えの圃場も多くの蕾が上がって、花が咲き始めてきました。

e100529003.jpg

今咲いている品種は、峰紫、桃霞、連休白、北洋、黄花の花菖蒲の系統など、先日来ご紹介した極早咲きの品種のほかに、ここ1~2日の間に早咲き系の品種も咲き始めています。

上の写真の花は早咲き系の長井古種系の出羽の里(でわのさと)という品種です。

e100529004.jpg

この出羽の里(でわのさと)は、当園の作出で、もう作出されて10数年経ちます。花の直径がおよそ7cmほどの小輪花ですが、可愛らしく人気の高い品種です。

e100529005.jpg

長屋門前の圃場でも、様々な品種が咲き始めています。写真は銀の月(ぎんのつき)という品種で、この花も当園でここ数年前に作出された品種。紫に白い縁取りが掛かり、草丈が高く丈夫な花菖蒲園向きの品種です。

e100529006.jpg

まだ緑色の部分が多いですが、よく見ると蕾がいっぱいです。様々な品種が一斉に咲き出すのも、もう秒読みの段階になってきました。これからの1週間から10日で、花数が毎日どんどん増え、最盛期の状態になってゆきます。昨日はその直前の状態でした。

今の咲き始めの爽やかな花菖蒲園の姿も美しいし、もう少し咲き進んだ最盛期の数日前頃の様子も、花や株に元気があって、それはそれで美しいです。

これからの花菖蒲園は、日々、そして時間ごと刻々に変化しながら花数を増やしてゆきます。

そんな微妙に変化してゆく園内の様子を、これから開花の最盛期に向けてお伝えしてゆきたいと思います。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/125-477f1a1b