FC2ブログ

開花状況と予想 

5月17日 先日までの低温傾向もおさまって、初夏の陽気に戻りました。花菖蒲の生育はほぼ平年並みで、6月上中旬のピークを予想しています。

下に、今年の開花予想を記しておきましたので、ご来園のご参考にしてください。




2008年 花菖蒲の見頃

今年は平年並みの開花が予想されています。

5月18日~24日  咲き始めだが気候が爽やか。のんびり観賞できる。
5月25日~31日  見頃に差し掛かり、月末に従い花が多くなる。
6月1日~ 7日   見頃で蕾も多く花の勢いが良い。週末は一番の見頃。
6月8日~ 14日   一番の見頃の1週間。例年梅雨に入る。
6月15日~21日  地植えの花菖蒲は徐々に終盤。鉢もの花菖蒲は最盛期へ。
6月22日~28日  地植えはほぼ終わり。鉢物は満開から終盤となる。
6月29日~     鉢物も終わりに近づく

2008年5月17日現在の予想です。

0805174.jpg

5月17日撮影 今日もまだまだ開花序盤で、お客様も数も少なくのんびりと花や風景を楽しんでおられました。花菖蒲園内の休憩所も、まだまだこのくらいの感じで、爽やかな気候のなかでゆっくりと季節を楽しむことができます。

0805173.jpg

今咲いている花は、極早咲きの品種が殆どで、ほぼ全種類、当園で育成した早咲きの花菖蒲です。
写真は「峰 紫」みねむらさき という品種で、早咲きで草丈もある程度高く伸びるため、当園では多く使っている代表的な紫色の品種です。


0805176.jpg

加茂荘の長屋門に入ったすぐ、長屋門の向かって右側の内部で、きょうから例年店をだされている輪島塗の大藤漆器店のお店が始まりました。

もう15年以上、例年この場所でお店をだされておられ、毎年来られる固定のお客様もたくさんおられます。ちょうどこの場所が良いのでしょうね。お客様みなさんが、何をやっているのだろう・・・とお店を覗かれます。

0805175.jpg

輪島塗というと、高級漆器のイメージがありますが、そのような高価な品からほんのリーズナブルな漆器まで、いろいろあって、見るだけでも楽しいお店です。当園にちなみ、花菖蒲の描かれた漆器や、花鳥園のフクロウをモチーフにした漆器など、多彩です。

このお店は、毎年6月の20日過ぎ頃まで毎日開いています。ご来園の折にはぜひお立ち寄りください。