FC2ブログ

6月13日 園内景 

e100613009.jpg

6月13日 きょうは日曜日で園内は朝から大勢のお客様で賑わいました。

写真は園内にある温室内の喫茶コーナーです。頭上にはペチュニア、インパチェンスなどが吊ってあり、周囲には当園で育成されたストレプトカーパスが展示されています。

この温室も、例年なら6月中旬にもなれば暑い日が始まり、植物が傷んで来る頃ですが、今年は6月に入っても曇れば涼しい日が続いたため、植物達も美しいままの状態を保っています。

e100613002.jpg

同じく温室内のアジサイの展示。当園が育成したアジサイ「加茂セレクション」の新花などが展示されています。

e100613005.jpg

花菖蒲園の園の北端から南側を見た様子。この手前の部分やスイレン池の前の部分は、入れ替えのできる鉢植えの花菖蒲なので、咲き終わった鉢は蕾と入れ替えています。そのため開園後期まで、長い期間花菖蒲が楽しめます。

e100613003.jpg

スイレン池と休憩所。加茂荘の蔵側から見た風景です。 梅雨入りの曇り空が、水面に映っていました。

e100613006.jpg

露地植えの花菖蒲は、開花最盛期の後期になり、花数が少なくなり始めましたが、この位置から見たとき綺麗でしたので撮ったものです。

手前の黄色の花菖蒲は金星(きんぼし)という品種で、晩生のの黄花の花菖蒲です。この金星がきれいに咲いて来ると、花菖蒲のシーズンも終盤になります。

e100613008.jpg

きょうは一日曇り空が続きました。心配していた雨も、午後3時を過ぎてぱらぱら降り始めた程度で、日中は涼しい曇気候で、花を見るには好適な一日でした。

東海地方もこれで梅雨に入ったそうで、明日からは雨だそうです。 この花を見ていると、毎日毎日、少しづつ季節が進んでいることが、とてもよくわかります。


今後、当園の花菖蒲は、園の花菖蒲の約7割を占める露地植えの部分が日に日に終わり、今週末頃にはかなり咲き終わって来ると思います。入れ替えのできる鉢栽培の部分は、露地植えより開花が10日以上遅いため、今月末の閉園まで咲き続けると思います。

そのほか、園内のアジサイが見ごろを迎えて来ますので、開園終盤は、このアジサイの話題が多くなりそうです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/155-fb9be066