温室内の水やりについて 

yn100617004.jpg

6月18日 今日は温室内の水やりの方法について、お客様よりご質問をいただくことが多いため、そちらをご紹介いたします。

当園の温室内では吊り鉢と置き鉢が大小合わせて千鉢近くあります。たくさんの鉢の水やりはどう行っているのか。この点を疑問に思うお客様は非常に多く、毎日必ずご質問いただきます。

ご想像に容易いと思いますが、全ての鉢を手で水をあげると丸一日の仕事になってしまいます。園内で展示されている鉢物のほぼすべてが、細いチューブを使った自動潅水によって水やりが行われています。

yn100617006.jpg

この写真は、温室内の天井に近い、梁の部分を拡大して撮影したものです。梁の中心部には太めのチューブが敷かれており、そこから一定間隔で細いチューブが伸びています。この梁に吊り鉢をワイヤーで吊るし、細いチューブを鉢に繋ぎます。

yn100617005.jpg

写真下部に見えるのは、ツユクサの仲間のブライダルベール。吊り鉢に仕立ててあります。梁の部分からブライダルベールをつなぐ、2つのヒモ状のものが見えますが、奥に見えるのが吊り下げ用のワイヤー、手前の手で持ったものが細いチューブとなります。チューブには液肥の入った水が通っていて、花へ十分な水と栄養が常時送られます。

yn100617007.jpg

写真はブルマットという自動潅水装置です。梁からの細いチューブは左上と繋がっていて、中央のドリッパーより水が出るようになっています。ニンジンのように見える部分は土の中の水分を感知するセンサーの役割を持っていて、土の中の水分量が少なくなると、ドリッパーより水を出して、鉢の水分が適正となるよう調整します。

yn100617008.jpg

上のようにして使います。

yn100617009.jpg

このシステムを使うことで管理が楽になりますが、ブルマットの見回りは欠かせません。チューブの中でコケが発生したり、花の根っこがドリッパーに侵入したりして目詰まりを起こすことがあるからです。
結局、人の目が花を育てるわけです。


文章,写真:西村

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/167-76db5a47