ユリの展示 

yn100620006.jpg

6月20日 今日は温室で展示されているユリをご紹介します。

展示されているユリたちは日本原産のヤマユリやカノコユリなどを元に品種改良された、オリエンタル・ハイブリッドを中心に20~30品種に上ります。
これらはオランダからの直輸入で、日本ではなじみの少ない花も含まれます。いろいろな品種が競い合って咲くさまは優雅で、ユリが展示されている花売り場周辺は上品な香りで満たされています。

yn100620009.jpg

オリエンタル系のユリで有名な花のひとつに、カサブランカという純白大輪のユリがあります。展示されているユリにカサブランカはありませんが、それに引けを取らない、素晴らしい花たちがご覧いただけます。

yn100620002.jpg

薄く乗ったピンクがかわいいティアラ。赤い斑点が花全体を適度に引き締めています。温室の中での栽培のため、高い気温により、ピンクの発色が若干弱い気がします。

yn100620003.jpg

優しいピンク色のアブラッキオ。比較的新しい品種です。

yn100620004.jpg

カサブランカよりも若干花が小さいですが、引けを取らない純白の花びらが美しく、花数が多いモンセラ

yn100620005.jpg

細い花びらですが、鮮やかな赤色が目を引くモンテスマ。赤い蕾には白い筋が入り、蕾だけでも鑑賞する価値があるように思えます。花をじっと見ていると目が痛くなりそうです。

yn100620008.jpg

派手すぎない黄色がやわらかい、イエローウィン。こちらは黄色の色素を本来持たないオリエンタル系に、黄色の色素をもつトランペットリリーを交配した、OTハイブリッドと呼ばれる品種群に含まれます。草丈が高く、150センチ以上あります。

ユリ好きの方は気付いたかもしれませんが、これら花の多くにおしべの先にあるはずの葯(やく)がありません。花粉が花やお客様の服を汚さないように、おしべが発達し、花粉を纏う前にスタッフが葯を取り除いています。

これらのユリは、展示と同時に切り花として販売もされています。一本300円から500円まで。カサブランカが一本で大体600円はしますので、非常にお買い得です。
元気な花をお渡しするため、注文後、スタッフが一本一本丁寧に切り取ります。少しお待たせするかもしれませんが、ご了承ください。

また、姉妹園の神戸花鳥園では大規模なユリの展示会が開催中です。詳しくは神戸花鳥園のホームページをご覧ください。


文章,写真:西村

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/170-ea4eaad7