FC2ブログ

来年もよろしくお願いいたします。 

e100609001b.jpg

6月27日 5月22日から、短かった花菖蒲の開園期間も、今日で終わりとなります。今回は今年の名場面の写真から、ご紹介いたします。

当園が昭和30年に開園して、今年で55年目。今年も無事開園を迎えることができ、そして今年は例年になく花菖蒲の出来が良かったです。

e100609004.jpg

今年から、加茂荘の長屋門前の花菖蒲田が、これまでの鉢物圃場から露地植えに改変されたことで、花菖蒲の草丈も伸び、露地植えの圃場全体も、近年にないほどの出来で、開花最盛期の頃はご来園されるお客様からも、お褒めの言葉をいだだきました。

花菖蒲は連続して同じ場所で栽培されることを嫌う「連作障害」という性質を持つ植物で、それがこの植物の栽培をたいへん難しいものにしています。

この長屋門前の圃場も、20年ほど前、どうにも出来が悪くなってしまい、やむなく鉢物圃場にしたのですが、20年植えつけなかったことで、土がもとの状態に還ったようで、それで今年は良くできました。

やはり土の入れ替えは、この植物の栽培には必須であることを思い知らされました。

e100609006.jpg

今年の開花のピークは、今思いますと、6月の7日、8日、9日の3日間でした。

ですが、6月7日が晴れてしまい花がやや痛んでしまったため、8日は曇りでしたが今ひとつ。そして9日は8日に曇ったことでこの日が最高。翌10日はまた晴れで、ここから下り坂になりました。

最高と言える日は、実にこんな感じで、たった一日か二日です。

そのほか、走りの頃の6月1日も良かったですし、6月6日も満開直前ですが状態は最高でした。

ほんとうに良かった日となると、こんなふうに数えるほどですが、それでも今年は花の良いときに酷い雨がなかっただけ良かったです。

e100613005.jpg

花菖蒲という、今の時代の流れからはすでに過去のものになった植物ですが、それでもやっぱり良くでききた花菖蒲の満開は、文句なく美しいです。

そしてこの不況の時代、娯楽などいくらでも刺激的なものがあるこの時代に、閉園となった花菖蒲園の話も聞きません。全国のどの園も運営に苦心しながらこの花の園を何とか存続させています。

それは、この花に携わる者が、そしてこの花を愛する人々が、花菖蒲を日本の伝統として絶やしてはならないもの、守らなければならないものとして、意識的にも無意識にも思っているからだと思います。花菖蒲は、すでに失ってはならないこの国の心のより所の一つになっているのだろうと思います。

p100623010.jpg

そして、これは一般のお客様にはなかなかご覧いただくことができないかも知れませんが、花菖蒲園のすぐ脇の用水路には、5月末になると無数のホタルも飛び交います。

何の保護活動もされていない場所で、これだけのホタルが飛ぶのも、この花菖蒲園周辺がまだ自然が豊に残されているからに他なりません。

こういう自然を絶やすことなく、大切にしてゆきたいと思います。

e100605004.jpg

それでもこちらの宣伝が下手なのかも知れませんが、年々花菖蒲園にご来園されるお客様は減ってきています。時代の流れや昨今の不況の影響もあると思います。

そういうこともあって、とにかく今、自分でできること。ということで、このブログを今年は頻繁に更新して、園内の様子を正直にお伝えしてきました。花が終ってきた時も、それを隠さず、「正直に状況をお伝えいただいて助かります。」というコメントもいただきました。

なにより、この花菖蒲園の最盛期のアクセスは、他の花鳥園グループのどの園よりも高いアクセス数を示しました。一生懸命にやることの大切さ、改めて実感したシーズンでもありました。

当ブログ、ホームページをご覧いただいた皆様。そして、遠方よりご来園いただきました皆様。ほんとうに有り難うございました。

また来年も、宜しくお願い申し上げます。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/174-8012bc6c