FC2ブログ

花菖蒲の株分け 

yn100626007a.jpg

6月26日 今日は花菖蒲の株分けの様子をご紹介いたします。
当園の地植えの花菖蒲は2年に一度、スコップで掘り上げて、株分けしています。花菖蒲は定期的な株分けが必須で、これを怠ると株が衰え、花つきが非常に悪くなってしまいます。

yn100626008a.jpg

株分けは、梅雨が明けていない、今の時期に行うのがベストです。しかし、株分けが遅れると暑さで痛みやすいので、極力早めに行うことが大切です。スタッフが梅雨の合間を見て、スコップで掘り上げを行います。
葉が切り揃えられていますが、これは、掘り上げと株分けの際、効率よく作業を行うためと、植えつけ後、根の張っていない株の過剰な蒸散を防ぐため。あらかじめがスタッフが切り込みます。

yn100626006a.jpg

掘り上げた花菖蒲は大きいもので一株10キロ近くになります。株分けのため、作業場まで運びます。

yn100626005.jpg

まず、余分に付いた土と古い根を鈎状の道具で掻きとります。その後、花茎が伸びた親株を根元から刈り、そこに包丁を垂直に当てて、株を連結している根茎を切ります。

yn100626004.jpg

その後、左右の株をそれぞれ持って、引き裂くように株分けします。そうすると細かな、元気な根を傷つけにくく、株へのダメージが最小限に済みます。

yn100626003.jpg

引き裂くように分けていき、最終的には1篠から2篠まで株分けします。

yn100626009a.jpg

当園では、山砂とピートモスを同量混ぜ合わせたものを鉢植え用の土として使っています。特にこれにこだわる必要はありませんが、肥料分の入っていないものを選ぶ必要があります。一般的な植物が栽培できる土ならば何でも結構です。株を鉢の中心に据え、力を入れて少し強めに土を押し固めます。

yn100626001.jpg

株分けの終わった鉢。ひとつの株から多いもので10篠ほど取れます。

一カ月ほどで根づくので、その間は暑さで乾かさないよう、水遣りには注意してください。
根づいてからは、旺盛に成長する時期なので、有機肥料を中心に施肥を行うとともに、根の伸長を促すために、時々土を乾かします。

今年殖やした株は来年の開園期に、また素晴らしい花を咲かせてくれることでしょう。


文章,写真:西村

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/177-58903ca9