2010年、今年の園内景から~ 

今年いちんばん良かった風景
7月13日 開園が終って、そろそろ20日が経ちます。今は開園後の整理もついて暑さのなかで植え替えや株分けが、これから9月末まで続きます。

そこで、というわけでもないのですが、ことし一番良かった風景を、幾つか上げておこうと思いました。

もうすでに過去のブログでも紹介された画像ですが、パソコンの画面いっぱいまで広げてみられるように、大きなサイズで載せてみました。

e100712004.jpg

加茂荘の長屋門と白壁、そして蔵。その前に咲く花菖蒲。当園の代表的な風景です。今年の6月9日に撮影したもので、今年はこの日が花の咲きぶりと天候がちょうど一致して状態が一番良かったです。以下の画像も同じく6月9日に撮ったものが多いです。

e100712002.jpg

花菖蒲園の中央から北西方向を見た様子。

e100712008.jpg

加茂荘の蔵と花菖蒲。

e100712003.jpg

花菖蒲園の中央から南側を見た様子。

e1007130010b.jpg

加茂荘の蔵と花菖蒲。この角度も当園の代用的な風景です。

e1007130010a.jpg

6月2日の写真。花菖蒲園の入り口に近い北部分の鉢物圃から南側を見た様子。咲いている紫色の花は峰紫(みねむらさき)という極早咲き品種で、今年は数を多く作り過ぎたため、5月末頃には、園全体が紫色っぽくなってしまいました。

e100712005.jpg

園の中央部から北方向を見た様子。6月9日。同じ花菖蒲園でもその日のコンディションや時間によって、ほんとうに様々な表情を見せます。

e100712006.jpg

加茂荘の長屋門前の花菖蒲田。


花菖蒲の栽培は難しく、今年のように、これだけ良く咲く年は珍しかったですし、咲いたとしてもほんとうに一瞬で終ってしまい、多くの人にそのベストな状態を見てもらう事はまず不可能です。

しかしデータとして残しておけば、そして画像をネットに上げておけば、誰でも何時でもどこからでも見ることができます。

花菖蒲は現物よりも、メディアの上で眺める花・・・・と言えるかも知れません。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/181-eec19607