しめ飾りと門松作り 

y101225003.jpg

12月25日 今日は、しめ飾りと門松作りの様子をご紹介いたします。

加茂花菖蒲園では、例年この時期になると私たちスタッフの手で、しめ飾りと門松が作られます。作ったしめ飾りと門松は当園の加茂荘・長屋門前に据えるだけでなく、姉妹園の掛川、神戸、冨士の花鳥園にも送って飾られます。

y101225001.jpg

しめ飾りは近隣の田の稲藁を束にして、継ぎ穂を挿しながらねじって1メートルほどの縄を3つ作ります。縄は真ん中あたりで継ぎ穂を多めに継ぎ足し、太くなるよう作ると後で迫力のあるしめ飾りになります。縄は解けないよう糸で巻いて縛ります。

y101225006.jpg

作った縄を3つ、ねじって合わせるとしめ飾りの「しめ縄」が出来上がり、ここに橙(だいだい)と木炭、裏白、紙垂(しで)などを付けて完成です。

y101225002.jpg

門松に使う竹は当園の裏山にある竹林から切り出しています。

y101225004.jpg

竹の板を巻いた土台に土を盛り、縁にクマザサを挿し、中央に竹を据え、竹に寄り添うように、梅、松(男松・女松)、千両、南天を植え付けます。

y101225005.jpg

作ったばかりの門松は、竹と松がほのかに香ります。飾られた門松は高さ2メートルほど。加茂花菖蒲園の裏山から切り出した竹は10センチを超えるほど太く、これで造った門松は非常に堂々としています。

当園で作ったしめ飾りと門松は何故、加茂花菖蒲園以外の各花鳥園にも送られるのでしょうか。
それは、当園が花鳥園グループの原点であり、自然や生き物たちとの共存を概念とする当グループの方向性の原点であるという意味を込め、本園で造った門松を各花鳥園へ送っているのです。

当園の長屋門前にもしめ縄と門松が飾られ、お正月の準備が整いました。


文、写真:西村


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/194-6e2b6843