ストレプトカーパス 

st110502001.jpg

5月2日 写真とブログを担当している永田です。今日は温室内のストレプトカーパスという花についてご紹介します。

このストレプトカーパスという植物は、アフリカ原産のイワタバコ科の植物で、セントポーリアやグロキシニアなどと近縁の植物です。花がスミレの花に似ているので、アフリカスミレなどの別名もあります。

当園では2000年頃から改良に取り組みはじめ、今園内で栽培展示している種類の殆どは、当園で育成したものです。

花の直径は大きいもので6cmを超え、それが集まって咲くのでとてもみごとです。また暑さ寒さに強く、強い日差しは要らず窓辺のような環境で一年中栽培し、花を咲かせることができるなど、栽培しやすい植物です。

園内には現在、およそ1000鉢ほどが展示されていますが、目に止まった、美しい花をご紹介します。

st110502002.jpg

紫と白の二色花。花弁の縁のフリルがとても華やかな印象を与えています。花の直径は大きなもので6cmほどある大輪で、たいへん豪華です。

st110502007.jpg

赤桃と白の二色花。この網目のような紋様ががることも、ストレプトカーパスの特徴です。

st110502004.jpg

青紫に薄紅の派手な絞り。

st110502005.jpg

こちらは淡い空色に中心の部分がレモンイエローのとても爽やかな花。

st110502003.jpg

濃紅色に白の網目。派手で一瞬ドキリとするような美しさがあります。

st110502008.jpg

藤色の八重咲。多くの花が集まって咲くので、全体が花のくす球のような感じで咲いていました。

st110502006.jpg

濃いバイオレットブルーの花。

このように、花色はとても多彩です。黄色やオレンジの花はないですが、見ていて飽きません。

このストレプトカーパスは、園内の温室の売店にて販売されています。10cm程度のポット苗ですが、1ポット500円ほどなので、いくつもご購入されるお客様もおられます。

今回ご紹介した、この花が欲しい!と言われますとなかなか難しいですが、他にも多くのバラエティーがありますので、たくさんの花の中から、お好みの花を選ぶ楽しさがあります。

ご来園されましたら、見ていっていただければ嬉しいです。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/207-56e6575a