庄屋弁当 

da110526003.jpg

5月28日 写真とブログを担当している永田です。きょうは、花菖蒲園内の通称「おだんご屋」売店で販売している、当園の庄屋弁当を、ご紹介いたします。

この庄屋弁当は、定食スタイルの庄屋料理を、おべんとうサイズに簡略化してまとめたもので、花菖蒲園の休憩所にて、花を眺めながら楽しんでもらっています。

これらの料理は、当家が庄屋であった江戸時代から作り伝えられてきた料理を、製法をそのままに再現したものです。保存料とか添加物を一切加えずに、漬物とか、しょうゆの実、きゃらぶきに紅しょうがなど、年間をかけて仕込んだ食材を使って作っています。

sb110528002.jpg

これらの料理は、園内の厨房にて毎日作られています。作業を撮ってみましたので、簡単にご紹介しますね。

上の写真は、弁当箱に、にんじんやしいたけなどの煮物や様々な食材を詰め込んでいる様子です。

sb110528005.jpg

香りや味の強いしょうゆの実は、小さな容器に入れたものを弁当箱に詰め込みます。

sb110528006.jpg

「おかず」にあたる部分を詰め込んで出来上がったところ。しいたけやにんじんの煮物も昔のままのレシピで作り続けています。真ん中のフィルムに包んであるのは味噌饅頭です。このお饅頭の味噌も、当園で仕込んだ味噌を使っています。

うずらの玉子は味噌玉子になっていて、こちらも当園の味噌で漬けたものです。

sb110528001.jpg

これにせいろで蒸した染 飯(そめいい)といって、クチナシの実で黄色く染めたおこわを詰めてゆきます。

sb110528004.jpg

そして、染 飯の上に黒豆、黒胡麻、南天、紅しょうがなどをトッピングして出来上がってゆきます。


この庄屋弁当は一食1,500円です。コンビに弁当などと比べ、はるかに高いのです。

でも、その分手間がかかっているので味わい深く、花菖蒲を眺めながらこのお弁当を食べると、何倍にもおいしくて、この季節に加茂花菖蒲園まできたなあ・・という、何ていうか、感慨深いものがあると思います。

この庄屋弁当は、園内の「おだんご屋」で販売されています。

個人の方でしたら予約は必要ありませんので、ご来園されましたら、おだんご屋にてお申し込みください。また、10名様以上の場合は、ご来園される前日までにご予約いただければ幸いです。


古いお屋敷と、花菖蒲とともに伝わる当家の味です。ご来園されましたら、ぜひお召し上がりください。

コメント

Re: 美味しそう!

コメント有り難うございます。そうですね。花鳥園のブログにも、よく書き込んでいただき有り難うございます。来週は、園の奥の地植えの部分が花が終ってくると思いますが、園の手前や温室はずっときれいなので、じゅうぶん楽しめると思います。宜しくお願い申し上げます。

美味しそう!

加茂花菖蒲園さんにはまだお邪魔したことはないのですが、掛川花鳥園さんには何度かお邪魔をしております。昼食の時間がとっても楽しみなんですよね(笑)。一度食べると、あの素朴で優しい味が忘れられませんで。。。
来週あたりにお邪魔(初!)しようと考えているところです。勿論、昼食はそちらで戴きますよ!
楽しみにしています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/232-6449be6d