濃いピンク系の新品種 

1O6R7646a.jpg
紅水晶(べにすいしょう)

6月9日 写真とブログ担当の永田です。

きょうは昨日の青色系の品種とともに、十年以上前から少しだけ力を入れて取り組んできた、濃いピンク色の花菖蒲の新品種も殖えてきましたので、そのことについてご紹介します。

ピンク色の花菖蒲は、伊勢系の古い乙女という品種が始まりとなって、昭和30年代から改良されて来た花色です。この乙女という品種は、薄いピンクでしたので、昭和時代まではピンクといっても淡い感じの品種が主流でした。

それらの品種を使って、当園でも今から20年ほど前に数多くのピンク系の品種を作出しましたが、今思うと薄い花色の品種でした。

それが1990年代になって、戦前から肥後系の花菖蒲を育種された故光田義男氏という花菖蒲の育種家が、驚くほど濃い桃赤色のようなピンクの花菖蒲を多数作出しました。
ですが、これらの品種は花型花色は抜群だったのですが、草丈が低く性質も弱いので、花菖蒲園では使えない代物でした。

この光田氏のピンクを使って、性質の丈夫で色の濃いピンクの花菖蒲を作りたいと考え、10年ほど前から改良してきましたが、今年、やっと花菖蒲園で植栽され、花を咲かせるまでになりました。

1O6R6864.jpg
紅梅の宴(こうばいのうたげ)

これらの品種は、光田義男氏のピンクを花菖蒲園に植えられるように、丈夫で草丈の高いものに改良したものです。今まで園に植えられていたピンクより、一段と濃い品種が多いです。

1O6R7710a.jpg
京丸桜(きょうまるざくら)← 改名しました。

ですから、花色花型は、花菖蒲の専門家が言う「光田系」の趣を残しています。光田系とは、肥後系の花菖蒲をより派手に、花弁のフリルや細かな襞、立体的な花型を追及したもの。

花菖蒲の趣味家は、こんな豪華な花型を好みます。

1O6R7713a.jpg
天上の桜(てんじょうのさくら)

この系統は、ピンク地に細かな白絞りの入る花も多く生まれました。

1O6R7718a.jpg
桜 姫(さくらひめ)

これらの花は、園の奥のほうの一角に、まとめて植えてありますので、園内を散策されれば一目でおわかりいただけると思います。およそ20個体ほどが植栽されていますが、綺麗なのですがほんとうにどれも似ていて、名前を考えるのに悩んでしまいます。

1O6R7601.jpg
未命名

昨日その名前を考えて、花を見ながら名前を付けていました。花菖蒲の名前は、その花を作った人なら名づけることができます。でも名前は、ボキャブラリーが少ないこともあって、ほんとうに思い浮かびません。

きょうも名前付けの作業を、仕事の合間に済ませます。こんなことも花時の重要な作業です。これらの花は、ことしの秋頃から、通信販売で販売を始めたいと考えています。

en110608001a.jpg

昨日ご紹介したブルーにこれらの濃いピンクが花菖蒲園の中心的な色になったら、さらに鮮やかで夢のような光景の園ができることでしょう。

花菖蒲は昔からの日本の花ですが、より美しいものへ、年を重ねるごとに変化してきています。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/253-aeb23071