6月14日 園内景 開花状況 

1O6R9036.jpg

6月14日 写真とブログ担当の永田です。きょうの花菖蒲園の様子と今後の開花状況をご紹介します。

先週から開花最盛期を迎えている露地植えの花菖蒲は、少しづつ咲き終わり始めています。遠目には満開なのですが、近寄ってみると終わった花もある状態です。

例年、6月15日以降になると花が少なくなって来るのですが、今年は例年より4~5日開花が遅れていたので、今月の20日頃まで、まだ十分見られます。

1O6R9093.jpg

中咲きの藤絞り(ふじしぼり)という品種。このように咲き終わった後の茎も目立ってきました。咲き終わった枝を切ってゆくことで、園を少しでもフレッシュな状態に見せることが必要なのですが、開花の終わった花を摘む作業だけで半日以上掛かっており、枝切りの作業まで手が付けられない状態になっています。

咲いている花の数がとても多いのです。

1O6R9058.jpg

それでも、まだ殆ど蕾の状態で、開花していない品種もあります。写真は桜 川(さくらがわ)という極晩咲きの品種で、こういう晩生の品種もいくつか植えられているので、花がいっぺんに咲いて終わってしまうことはないのです。

それにしてもこの桜川は遅いですね。こういう晩咲きの品種をたくさん育成すれば、花菖蒲園の開花期間はさらに長くなります。

でも、この6月の中旬以降は、晴れれば真夏のように暑くなるし、雨が降ればかなり強い雨が降る季節なので、だんだんと花菖蒲を鑑賞する季節ではなくなって来るのです。

ですから、花菖蒲は6月の中旬までのまだ梅雨の序盤に見たほうが良い。という考えもあって、こういう極晩咲きの品種はあまり品種数を増やそうという方向ではありません。

110614001.jpg

加茂荘の蔵と花菖蒲。次回に更新するときの、パンフレットの表紙用にどうかな・・と思って撮った写真です。人がいないところも撮りましたが、全くいないより、少し人影があったほうが良いような気がして、両方撮りました。

1O6R9061.jpg

この写真の中央の郭公鳥(かっこうどり)という品種は長く咲いています。花菖蒲は一本の茎に2輪の花を咲かせますが、2輪の花の下に枝がある品種は、その枝からも咲くので、その分、咲いている期間が長くなります。

この品種は小輪ですが、花色が美しい藤色がかる紫で、気に入っています。

1O6R9095.jpg

こちらは、入れ替えのできる鉢物圃場の部分。

鉢植えの花菖蒲は、なぜか露地植えより開花が10日程度遅れます。このため露地植えの花菖蒲が咲き終わっても、鉢植えの花菖蒲が月末まで咲いています。

草丈や花の大きさは露地植えには及びませんが、開花期間を広げるという意味で、この鉢植えの部分はとても大切です。


こうした鉢植えの花菖蒲もまだこれから最盛期を迎えるので、今年は6月末まで花菖蒲を楽しめると思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/263-e5f7597c