園内のアジサイが咲き始めました。 

1O6R9374.jpg

6月17日 写真とブログ担当の永田です。6月も下旬に近づき、園内のアジサイも見ごろを迎えてきました。

昨年の夏場と、今年の早春に、花菖蒲園の東側の古寺付近と、花菖蒲園のいちばん南に当園で育成したアジサイを植え付けました。

当園が育成したアジサイは最近人気化し、ダンスパーティーなどは今年全国のフラワーショップで販売されました。当園のアジサイは、庭植えでも丈夫であるというところが一つの特徴になっていますので、園内にこれらのアジサイを植栽した見本園があっても良いのではないかと昨年考え、花菖蒲園の脇に植え付けてみました。

今年はまだ木が大きくなっていないものも多く、見栄えは今一つですが、来年には大きな株となってたくさんの花を付けると思います。

1O6R9378.jpg

モナリザという品種。この品種はこれまで私たちは鉢植えで栽培されたピンク色の花しか見たことがなかったのですが、地植えにしたところ土壌が酸性のため、鮮やかなブルーに咲きました。

この品種は地植えでもとてもしっかりと生育するようで、少し弱いハイドランジアみたいな品種と思っていたのですが、良い品種であることを改めて見直しました。

1O6R9381.jpg

雨の物語という品種。この花もブルーが似合います。

個人的にアジサイらしくて好きな品種です。

1O6R9398.jpg

春先に消石灰を軽く一振りして赤く咲いたギャラクシー。この品種はとても花着きが良く、株が花で埋まるように咲きます。

1O6R9401.jpg

同じギャラクシーですが、消石灰を撒かないともともとの土壌が酸性なので、こんな濃い紫に咲きます。

ギャラクシーは温室内で咲かせると薄いピンクに咲いたり、作り方で花色がとても変わりやすい品種のようです。

1O6R9385.jpg

山アジサイ系のロンド。この花も小型の八重咲きで可愛いです。

これらの品種以外にも、様々な品種が咲きだしてきました。実際に地植えにしてみると、鉢植えや温室栽培とはまた違った姿に咲いて来ます。地植えに適した品種や、実際に植えてみて不適だった品種もあります。

これから6月下旬のブログ記事は、ここの圃場で咲いているアジサイのネタを、何回かお伝えしたいと思います。

コメント

Re: タイトルなし

コメント有難うございます。アジサイの見本園ということで作ってみたのですが、今年はまだ十分に生育していない部分もあり、見た目や造園的にも、ただ植えただけだし、まだまだな感があります。来年になれば木も大きくなってくると思いますし、さらに見られる品種も増えてくると思います。

今年は無理ですが
来年は必ず行きます。
そしてこの圃場を見てみたいです。
見本園、とてもすばらしい構想ですね。
できればこれまで加茂花菖蒲園さんで作出された品種全てがここで見られるようになれたらどんなにすばらしいことでしょう。
などと勝手に想像しています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/267-8c8a9c4d