FC2ブログ

6月18日 園内景 開花情報 

1O6R9525.jpg

6月18日 写真とブログ担当の永田です。 きょう6月18日の開花情報をお伝えします。

写真は地植え花菖蒲田ですが、やはり開花が終わりかけてきました。こうやって遠目に見るとまだまだ咲いていて、けっこう綺麗だったりするのですが、近くで見ると咲き終わった花が目立ちます。今年は涼しいので、20日頃までこの地植えの部分が見られるかな・・・と思っていたのですが・・。

咲いている花の数は例えば6月初め頃と比べても圧倒的に多いのですが、全体のフレッシュ感が無くなってきます。

ここらへん、一般的な花の名所では「まだまだ見ごろです。」とか言って商売をするのですが、終わってきたものは終わってきたのだし、嘘は書きたくないので、はっきり書きます。

生物なので、見ごろもあれば、開花の終わりもやっぱり来ます。

でも、初めてご来園される方と、私たち毎日見ている者の感覚は違うと思いますので、初めて来られるかたであれば、そんなに気にならないのかも知れません。このあたりは人により感覚の違いがあり、自分もほかの花の観光地へ行けば、開花終盤でもじゅうぶん楽しむことができたりします。

1O6R9468.jpg

それでもこちらの鉢植えの部分は、入れ替えができるし、鉢植えは地植えより開花が10日ほど遅く、これから見ごろを迎えるので、花菖蒲園全体としては、6月いっぱいまで花を楽しむことができます。

なお、こちらの鉢植えの花菖蒲は、ポットに入っていて簡単に取り出すことができ、どの品種でもご購入いただけるようになっています。

1O6R9523.jpg

きょうは昼頃から雨が降り出しましたが、当園は屋根下の部分も多いので、雨にぬれることもありません。

この休憩所では、みなさん当園の庄屋弁当とか、おはたきもちやよもぎ団子を召し上がられていました。

1O6R9472.jpg

それに、温室のなかも花でいっぱいなので、今後梅雨の雨が続く季節になっても楽しめます。温室内では咲きだしたアジサイの品種ものの苗がたくさん販売されています。アジサイファンには今が購入の機会です。

この温室は、6月以降も喫茶店として無料で開園する予定です。

1O6R9497.jpg

花が終わりに近づいて来たとはいへ、今年は例年よりかなり涼しいので、花がとても長く保っています。花菖蒲園の入り口付近の鉢物の部分は未だに蕾も多く、フレッシュな感じがあります。

鉢物の花菖蒲田で、咲いてきた赤い日の出鶴。紫の平咲き紺紫という品種。ととても綺麗なコントラストを見せていました。

1O6R9533.jpg

終盤の露地植えの花菖蒲田で、梅雨の雨にぬれる風の香りという品種。花菖蒲は雨もまたよく似あいます。

この品種は晩咲きで、花菖蒲の季節が「変わりはじめて」いる時期に咲くことから、この名前を付けました。

美しい空色で、草丈も高いし繁殖力も良く、開花期間も長い、花菖蒲園には最適の品種です。当園で作出した品種ですが、今後の当園は、こういった本当に花菖蒲園に向く品種を園内に植えて、より美しい鮮やかな花菖蒲園を作ってゆきたいと思っています。この品種は、濃い水色の大水青や、半八重の潮風、濃い藤青色の八重紫雲とともに、今後の当園の主力になる品種です。


露地植えの花菖蒲はやっぱり終わりに近づいてきましたが、アジサイも見ごろを迎えてきたところですし、今後月末まで十分楽しめると思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/269-a9c71b5c