蛍の日 

6月4日 きょうはこの時期に周辺の用水路などに現れるホタルをご紹介します。

掛川の山沿いの地方は、観光地化はされていませんが、この時期ホタルが現れる場所が多いようです。

当園でも、花菖蒲園脇の用水路に、毎年この5月末から6月の上中旬にホタルが現れます。私はむかし、このホタルを6月の4日に初めて見て、それ以来、6月4日は「ホタルの日」という感じで、開園期間の区切りの一つにしています。

0806043.jpg

花菖蒲園脇の長い用水路にぽつん、ぽつんと、数は多くありませんが、またたきながら飛ぶ様を見ていると、いいもんだなあ~としみじみ思います。

0806042.jpg

辺りは電灯もなく真っ暗なので、闇のなかにホタルの光だけが浮かび上がります。

0806041.jpg

割と飛ぶのはゆっくりなので、手で簡単につかまえることができます。もちろん逃がしてあげますが・・
種類は、大きなゲンジボタルと小さなヘイケボタルの両方がいるようです。初め、ヘイケボタルだけだと思っていた私は、水のきれいな所にしかいないゲンジボタルがいることに驚きました。

0806044.jpg

また、この6月はじめ、周辺の山野ではササユリの花が見られます。このあたりはササユリ、ヤマユリの自生地なのです。昔はもっとたくさん見られたそうですが、やはり取られて数は減っているようです。花菖蒲園の裏山で花を咲かせていましたので、撮影しました。ヤマユリとも違う甘い香りを放ち、なんとも美しい野生のユリです。

都会では日本古来の自然は当に失われてしまっているかも知れませんが、この辺りではまだ、ちょっと眼を凝らせば、日本らしい懐かしい自然が残されています。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/28-60065c4b