ダイヤモンドリリーの交配 


11月1日 ブログ・写真担当の西村です。他の記事にもありますように、温室内では秋の開園の目玉の一つ、約3,000株のダイヤモンドリリーが展示されていますが、展示と並行して、交配作業もその場で行っています。交配は新しい花を作るための大事な作業。今日はダイヤモンドリリーの交配の様子をご紹介いたします。

111029003.jpg

展示スペースの奥のテーブルに並べた、これらの花が交配に使う親株になります。

当園のコンセプトの一つに「育種観光園芸」という考え方がありますが、これは育種の現場を見せて、お客様にも楽しんでもらうという独自の考えです。ダイヤモンドリリーの交配作業が同じ展示温室内で行われているのもこの考え方に則したものです。

111029005.jpg

交配に使う花は写真のような、花びらが波打ってフリル状になったものや、まとまりのよさ、極大花、八重弁など、良い特徴を伸ばすように、同じ特徴を持ったもの同士を掛け合わせています。

111029001.jpg

交配の方法ですがいたって簡単です。掛け合わせしたい花の雄しべを相手の雌しべに付けるだけ。ダイヤモンドリリーは自分の花粉で受粉しにくく、他の花の花粉を着けてあげることで種ができやすくなります。

111029002.jpg

花粉を付けた後は、細いビニールに油性マジックで掛け合わせた花を書いておくと、のちに混乱せずに済みます。そのまま1か月ほど待てば種ができます。


交配とはいっても、気に入った花同士を掛け合わすだけで、技術は必要ではありません。当園のダイヤモンドリリーの品種改良も25年間積み重ねただけで内容は全く同じものです。

今年、交配してできた種が初花を咲かせるのは5年後。5年後の花姿を想像しながら、ダイヤモンドリリーの見ごろが続く11月中ごろまでこの交配作業は続きます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/294-914a4343