FC2ブログ

見ごろは11月5日頃からでしょうか。 

1O6R1755.jpg

11月2日 写真とブログ担当の永田です。

10月29日からはじまったダイヤモンドリリーの展示は、毎日日を追って花数が増えて来ています。昨年までは神戸花鳥園にて展示を行っていたので、神戸へ搬入した分は実際どんな花が咲くのか、私も見たことがなかったので、咲き始めると見どころのある良い個体があったりで、自分でも結構楽しんでいます。

見ごろはもうちょっと、11月5日頃からがちょうど良さそうです。

1O6R1683.jpg

それでも、こんな紫色の花も咲いていたりします。ダイヤモンドリリーは紫といっても褐色がかった汚れたような色素によるもので、くすんだ変な花色に咲くこともあるのですが、この個体はなかなか見られる紫色を発色していました。

1O6R1678.jpg

育種をはじめた25年前当時、英国から入手したアンジェラライムリックという品種。花型が抜群に良いとても優秀な品種で、くす玉状に咲き、しべの形も整っています。この品種から育種して多くの良い個体が現れました。入手しておいて良かったと今更ながら思います。

1O6R1711.jpg

きょう良いな!と思ったのはこの花。一見濃いめのサーモンピンクなのですが、オレンジや、藤色がかるピンクも帯びる複雑な花色です。

1O6R1735.jpg

温室内では育種改良のため、こうした個体を展示を兼ねて交配を行っています。

一見ちょっとモダンな展示で、これはこれで一つの花が観察できます。

1O6R1740.jpg

また、売店前の一角では販売品のコーナーも設けました。価格は1ポット1000円ほどです。

ダイヤモンドリリーは繁殖がなかなか遅いため、優秀な選抜個体はお譲りできませんが、このコーナーの中にもなかなか良い個体も入れてあります。もう少し花が咲き進んで来れば、またこのコーナーの花も増やしてゆきたいと考えています。

1O6R1725.jpg

見ごろまであともうちょっと。  でもこの写真の位置からは、すでに見ごろですね。

なお、下記のフェイスブックのサイトでも写真が紹介してありますので、かさねてご覧いただければ嬉しいです。

☆ 10月29日 展示が始まりました

☆ 10月31日 園内で今咲いているダイヤモンドリリー

☆ 11月1日 きょう撮ったダイヤモンドリリーの花

☆ 11月2日 きょう咲いていたダイヤモンドリリー

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/296-aa4facb9