待機中のポインセチアたち 

11月20日 ブログ・写真担当の西村です。今日は先日に引き続き、今月末からの温室展示に向け、バックヤードで待機中のポインセチアを紹介します。

※ポインセチアを紹介した記事はコチラ(15日更新分:今月末からのポインセチア展示に向けて

111120002.jpg
高所作業車より地上約3メートルから撮影

陽を十分に浴びた葉は、日を追うごとに鮮やかになっています。先の記事から5日ぶりの撮影でしたが、色づきが一段と増していました。ポインセチアは日が短くなるこの時期に、芽の先端が赤くなり、次々と赤い葉を展開していきます。

これらのポインセチアは11月23日頃よりクリスマスまで当園の温室で展示されるほか、
姉妹園の富士花鳥園神戸花鳥園でも展示される予定です。

実はポインセチアにも園芸品種がたくさんあるって知ってました?オーソドックスな赤色のほかにも、ピンク色や白色、斑入りや中ぼかし、ちぢれたものなど…個性的な品種がたくさんあります。

今日は個性的な品種を一部ご紹介します。

111120003.jpg

ピンク色が鮮やかな ドルチェ・ローザ という品種。成長が早く、一株あると良いアクセントになるのですが、枝が暴れやすく、支柱立てをしっかりしないといけません。一般的なポインセチアと違って、細い葉をしています。

111120005.jpg

オーソドックスな赤色にもたくさんの品種があります。これは イチバン という品種。目にも鮮やかな赤色が美しい品種です。

111120006.jpg

これは プレミアム・アイスクリスタル という品種。ピンク色の葉には、薄く白い、中ぼかしが入ります。当園に導入したのは一昨年くらいからの新顔です。

111120004.jpg

これは ウインターローズ アーリーレッド という品種。色違いのアーリーピンクという品種もあります。葉がちぢれていますが、こういう葉の形の品種で病気ではありませんよ。

111120001.jpg

大木になったポインセチアは、まるで林のようです。温室での展示はもうすぐです。展示がはじまりましたら、またご案内致します。


加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/311-c4f1915c