ストレプトカーパス 

1O6R6780.jpg

11月23日 きょうは曇りで2時過ぎから雨となりました。祝日だったのですが肌寒く、物悲しい天気でした。

お客様も少なめでしたが、もともと当園にご来園されるお客様はご年配の方が多く、平日休日関係のない方が多い感じで、近隣にお住まいの方が天気の良い暖かい日を選んで、ご夫婦や数名のグループでご来園されるといった感じでです。

当園は花菖蒲で知られた花の名所ですから、花菖蒲のシーズン以外でも、珍しい花があると知れば花が好きなお客様が来てくださいます。

それに、ご年配の方が花を眺めながらのんびり喫茶やお食事も楽しめるという所は、近隣にありそうでなかなか無いので、そんなところが受けている感じもします。


さて、きょうは温室のストレプトカーパスという花を撮ってみました。

1O6R7315.jpg

この花は、アフリカ原産のイワタバコ科の植物で、イワタバコはここ静岡県の山間部の渓谷沿いの岩肌などにも生えていて、タバコの葉にちょっと似た葉を垂らし、夏に紫色の星型のかわいい花を咲かせますが、このストレプトカーパスもその仲間です。

当園で、かれこれ10年以上改良してきた植物で、名称こそ付けられていませんが、実にさまざまな花があります。

1O6R2321.jpg

改良の極致というところでは、こんな花。花だけ見るとちょっと洋ランの一種のような感じを受けます。

1O6R2322.jpg

こちらは絞り花。直径30cm程度の大株になって咲くので、かなり派手です。

1O6R7322.jpg

白に藤青のぼかしが入り、おとなしくやさしい感じの花。

1O6R7308.jpg

やや濃いあでやかなピンクの花。

1O6R7318.jpg

逆に濃いワインレッドでベルベット状の花弁を持つ花とか、さまざまな花色があるので見ていて飽きません。

このストレプトカーパスは、温室内で販売されているほか、当グループ姉妹園各園でも販売されています。また、通信販売をとの声も時々あるのですが、担当者によると繁殖段階の葉挿しでウィルス病が入りやすく、決まった個体を通年、通販用に状態の良い株で維持してゆくのがなかなか難しいそうで、現状、店頭販売のみとなっています。しかし他所でこういった品種を扱っている業者もないので、ウィルス病のほうが改善されれば、通販は行っていく方向で考えています。


加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/314-43ae8faa