でっかいポインセチアが見ごろです 

1O6R7732a.jpg

12月1日 ブログ・写真担当の西村です。温室内のダイヤモンドリリーの花期は過ぎ、ほとんど終わってしまいましたが、その代わりに2メートルを超えるでっかいポインセチアたちが鮮やかに色づいています。

ポインセチアは皆さんご存じのとおり、寒くなるこの時期におなじみの花で、ホームセンターなどに行くと小さなポット苗が簡単に手に入ります。園内では大小合わせて100鉢が展示されています。

1O6R7946a.jpg

小さな鉢に入ったこじんまりしたイメージが強いポインセチアですが、メキシコに生える原種は5メートルを超える大きな木に成長します。今では、いろいろな園芸品種が出回っていますが、これらもきちんと管理をすれば、原種ほどまでとはいかないようですが、大きくできます。

当園では園芸品種のポインセチアを大きくしてみたいという考えから、5年ほど前からポインセチアを大きくする栽培を行っています。

1O6R7761a.jpg

オーソドックスな赤色のほか、普段あまり見かけないピンク色や白色、斑入りなど、鮮やかに色づいたポインセチアの林は見ごたえがあります。この中からポインセチアの品種を一部ご紹介いたします。

1O6R7794a (1)

よく見る赤色ながら、淡い緑色の葉には覆輪状の斑が入る シルバースター・レッド という品種。普通のポインセチアの葉は緑が濃いので、淡い緑色が大変キレイです。

1O6R7837.jpg

クリームの地色にサーモン色が混じって美しい プレミア・ピカソ という品種。ポインセチアは色づきが単一色のものが多いのですが、こんなタイプの品種もできたのかと感心します。

1O6R7814a (1)

イチバンという品種。葉に切れ込みがあってヒイラギの葉のような感じ。真っ赤なポインセチアです。

1O6R7814a (2)

シルバースター・ホワイト という品種。ちょっとクリームがかる白いポインセチアです。

ポインセチアにも最近は多くの品種ができて、一般的な赤いもの以外の品種も多くなってきましたが、ここではそんな赤以外の品種も大きな株になって展示しています。

園内では小さなお手頃サイズのポインセチアの販売も行っております。クリスマスにいかがでしょうか?




加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/322-9ff91fbd