初冬の大根干し 

1O6R8058.jpg

12月8日 写真とブログ担当の永田です。

一昨日の12月6日、初冬恒例のたくあん漬け用の大根干しを行いました。花菖蒲園の開園シーズンの庄屋料理の中に添えられていたり、売店で販売されているたくあん漬けになる大根を干す作業です。

1O6R8033.jpg

このたくあん漬け用の大根は、近隣の三方ヶ原産の大根で、毎年地元の農家との契約でこの時期に取り寄せます。今年は約1000本の大根を仕入れました。

大根に付いたわずかな泥を落とします。ここら辺とは違う、三方ヶ原の赤い土が付いています。写真で見ると冷たそうな感じですが、井戸水で水温が13℃ほどあるので、洗っていても冷たくはありません。

1O6R8046.jpg

洗った大根は稲藁で4本づつに縛ってゆきます。

1O6R8064.jpg

園内の休憩所に青竹で干し竿を作り、そこに干してゆきます。

1O6R8068.jpg

ずら~っと並んだ大根。これでおよそ2週間ほど干し、年末頃に樽に漬け込みます。

今年は12月に入っても比較的暖かな日が続いていますが、この風景を見ると、今年も冬が始まったな・・と思います。


加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/326-291e22ec