クリスマスに向け、大きなポインセチアの展示鉢を増やしました。 

12月18日 ブログ・写真担当の西村です。今日はクリスマスに向け、温室内にある2メートルを超えるほど大きなポインセチアの展示鉢を増やしましたのでご紹介いたします。

1O6R8606a.jpg

ポインセチアはメキシコ原産の樹木で、欧米ではその真っ赤な葉の色がキリストの鮮血を、緑の葉の色が永遠の命を意味し、イエス・キリストの生誕を祝うクリスマスになくてはならない花となっています。

小さな鉢に入った、こじんまりしたイメージが強いポインセチアですが、メキシコに生える原種は5メートルを超える大きな木に成長します。今では、いろいろな園芸品種が出回っていますが、これらもきちんと管理をすれば、原種ほどまでとはいかないようですが、大きくできます。

当園では園芸品種のポインセチアを大きくしてみたいという考えから、5年ほど前からポインセチアを大きくする栽培を行っています。

1O6R8616a.jpg

喫茶から東側のスペースには約50鉢の大きなポインセチアが並んでいます。中に長椅子を置きましたので、後に立てば、10人くらいまで集合写真を撮ることができます

1O6R8656a.jpg

ポインセチアはクリスマス用に需要がとても多く、特にアメリカで精力的に交配が進められた結果、今では100品種をかるく超えます。園内では40品種ほどが展示されていて、赤や白、ピンク、斑入りなど色や形が実に様々です。

1O6R8676a.jpg

ご来園いただいたお客様が休憩できるよう用意した机と椅子の周りにも大きなポインセチアを配置しました。ポインセチアに囲まれながらゆっくり休憩されてはいかがでしょうか?

1O6R8737a.jpg

加茂荘はお正月も営業いたします。ほかでは見られない、この大きなポインセチアを是非ご覧くださいませ。




加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/330-f97a0b2c