FC2ブログ

たくわん漬けを行いました 

12月22日 ブログ・写真担当の西村です。今日は21日に行った、たくわん漬けの様子をご紹介いたします。

1O6R9025.jpg

ここで作ったたくわんは、当園の庄屋料理と弁当で使用されるほか、掛川・神戸の花鳥園のバイキングにも出されます。

1O6R8998.jpg

大根を干したのは12月6日でした。 12月8日更新:初冬の大根干し

6日に大根を干してから、雨も雪も全く降らず、冷たく乾燥した北風で順調に大根から水分が抜けました。この通りクニャっと曲がります。

1O6R8919.jpg

たくわんは当地に古くから伝わる製法に沿って作られます。漬け込むための「ぬか」には、米ぬかに、天然塩・唐辛子・スライスしたニンニクを加えたものを使用します。ニンニクを加えることでニンニクの香りがプラスされ、栄養が増すほか食用増進に繋がります。

1O6R8937.jpg

大きな樽にぬかを敷き、干した大根を重ならないように底一面に敷き詰めます。

1O6R8981.jpg

敷き終わると大根が隠れるまでぬかを降り掛けて、またその上に大根を隠れた大根に対して垂直に敷き詰めます。

1O6R9015.jpg

大根を敷き詰めては、ぬかを降り掛けるという作業を繰り返して樽が埋まってくると、最後に大根の葉を入れます。大根の葉を入れることでたくわんに甘みが増します。大根に捨てるところはありません。

最後に60キロ近い重石を乗せて、3~4ヵ月静置しておくとたくわん漬けが出来上がります。春頃には出来あがりますので、これをその年の花菖蒲の季節に庄屋料理のなかにいれたり、売店で販売したりします。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com



コメント

我が家でも去年辺りから大根の沢庵漬けを始めました。
大根に対しての糠、塩の分量が分かれば教えていただけませんか。
参考にさせていただければと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/332-4f586c3d