FC2ブログ

5月17日 開花状況 

12051706.jpg

5月17日 写真とブログ担当の永田です。

今年はこれまで例年より涼しい日が多かったので、花菖蒲の開花も桜同様やや遅れています。上の写真はきょうの露地植え圃場の様子ですが、まだ全園的にはこの程度です。
まぁ、今の段階から開花が進んでしまうようだと、5月の末には開花のピークになってしまい、炎天下で花が咲いて見られず、やっと梅雨で曇る6月中旬に差し掛かる頃には花が少なくなってしまいます。過去に葉そんな年もあり、焦りました。ですから、早いよりもやや遅いほうが、お客様にも、私たちにも良いので、今のこの開花状況は悪いことではありません。

120517001a.jpg

それでも極早咲きの品種がちらほら咲き始めてきましたので、ご紹介します。

この品種は新峰紫(しんみねむらさき)という品種。極早咲きの峰 紫の改良品で。より早咲きで、峰紫から赤味をやや抜いた。より濃い紫の花です。今後の極早咲きの主流にしようと思っています。

12051702.jpg

連休白(れんきゅうしろ)という品種。井戸水を流すだけの促成で早い年は5月の連休から咲き始めるのでこの名を付けました。

12051704.jpg

初相生(はつあいおい)という品種。相生という花の花色のパターンで、極早咲きの性質があるので、この名があります。ただ、草丈が低く性質が若干弱いのが難点。

120517001b.jpg

黄花でいちばん早く咲く竜 眼(りゅうがん)という品種。早い年だと5月13日頃には咲いて来るのですが、それが今日の咲き出しで、やはり5日前後遅れていることがわかります。

12051705.jpg

桃 姫(ももひめ)という極早咲きのピンク花。

12051703.jpg

このほかにも、花菖蒲園に入ってすぐの場所は、冬場から促成した花がかなり咲き始めてきましたので、今後数日程度気温の高い日が続けば、今週末頃にはさらに多くの花が咲いて来ると思います。

それでも、全体的に見て、まだまだ。今年は今まで寒かったので、その影響が出ています。でも、これも自然のことなので、日に日に咲き進んでゆきます。あと10数日経って、6月に入ればもう良いでしょうね。ピークは昨年同様、6月5日~15日頃だと思います。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com



120319001a.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/368-f05ad431