温室内ではアジサイが見ごろとなってきました 

5月30日 ブログ・写真担当の西村です。今日は多目的温室内のアジサイが咲き進んできましたので、そちらを紹介いたします。

1O6R8564.jpg

ここで展示しているアジサイはすべて、当園のスタッフの手で育種したオリジナルの品種になります。5月30日現在で約50株の大鉢が展示されていて、これからも増えていく予定です。

ここ数年、母の日プレゼントとして知られるようになった、当園のアジサイ「ダンスパーティー」や「てまりてまり」などのほかにも様々な品種が展示されています。

また、当園では名前がついた品種だけでなく、整理番号がついているだけの未命名花も多く展示しています。これは当園のコンセプトである『育種観光園芸』という考え方で、ご来園いただいたお客様には品種改良の過程もご覧いただき、楽しんでもらおうというものです。

今日は見ごろを迎えたアジサイの中から、イイネ!と思った花を数点ご紹介いたします。

1O6R8518.jpg

しっかりと白色の覆輪が入ったピーターパン。濁りのないピンク色に色づいた地色と白のツートンが大変美しい花です。

1O6R8525.jpg

こちらも同じピーターパンなのですが、外側の装飾花に白色の覆輪が入っていません…。温室で育てると花びらがよく発達して見栄えがするのですが、温度や湿度、日照条件などの違いで覆輪がうまく入らないことがあるみたいです。

1O6R8537.jpg

花びらの広がりが優雅なコサージュ。この品種は作出から10年近く経つ古い品種ですが、垢抜けていて毎年見ても飽きない品種です。あまり知られていませんが、当園で一番有名なアジサイ「ダンスパーティー」と同じ親を持つ兄弟です。


1O6R8545.jpg

昨年から販売が始まった、純白の整った花が美しいダンシングスノー。花付きは抜群に良く、枝という枝に花をつけてしまいます。成長は緩慢で、鉢での栽培に最適です。咲き始めは中心の両生花の緑色が美しいです。

1O6R8516.jpg

当園のアジサイの「小町」のような、濃く鮮やかな花色を持つH10-1。外で育てるともっと濃い花色になることでしょう。今年、外のアジサイ圃場にもこの品種を植え付けしたので花色が楽しみです。


今はまだ咲き進んでいないアジサイも6月上・中旬にかけて、どんどん咲き進んできますので、その都度また紹介いたします。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001a.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/382-60ebc453