絶好の花菖蒲日より 

120605001b.jpg

6月5日 写真とブログ担当の永田です。

きょうは梅雨の前の厚い曇り空が一日広がりました。気温も上がらず、暑くも寒くもなく、絶好の花菖蒲日よりでした。

花菖蒲の花びらはとても柔らかく、水分を多く含んでいます。ですから晴天の強い直射日光や、強い風が吹くと、花がとたんに萎れてしまいます。

梅雨の雨も似合う花なのですが、強い雨に打たれると花びらは破れてぼろぼろになってしまいます。

ですから、きょうのような、厚い雲の下で、無風で雨も降らないような日が、花菖蒲がもっとも美しく咲ける環境なのです。こんな微妙な天候が、梅雨に入る前になると現れるようになります。日本の梅雨の気象条件のなかでこそ、花菖蒲は美しく咲ける花です。

120605001a.jpg

長屋門前の花菖蒲田も、だいぶ咲いてきたので、パンフレットなどの表紙用にと思って撮ってみました。ですが、ちょっと黄色が多すぎ、赤色が少ない感じです。もう数日経てば、また変わると思いますが、良い写真が撮れるでしょうか・・

120605001c.jpg

花がいちばん良い頃なので、きょうも多くのお客様で賑わっていました。

120605003a.jpg

そんな中、あたらしい花も園の奥のほうで色々咲き始めています。この花は新夢の羽衣(しんゆめのはごろも)と名付けたもの、夢の羽衣より覆輪の幅が狭く、鮮明な覆輪の品種です。

120605005a.jpg

こちらは昨日咲き出した、今年の初咲き花です。名前はありません。濃い紺青色の花弁と白い蘂のコントラストが鮮やかです。ですが、ちょっと蘂の形が気に入らない感じで、横に伸びすぎだらしない感じになっています。 残そうなか・・どうしようなか・・と悩む花です。

120605004a.jpg

花がいちばん良い時なので、朝早くから(といっても8時開園です)カメラマンがご来園されています。

今週はこの後も曇りの予報で、花菖蒲に好適な天候が続くようです。この花のいちばん良い時、土砂降りの雨にやられた年もありましたが、今年はほんとうに天候に恵まれています。今度の週末も、今日のような日であってほしいと思います。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001a.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!

コメント

Re: 着崩れた浴衣かな…

> 佳境に入って来ましたね。昨年は、こちらのブログのみで開花状況をチェックしていました。その後も覗かせて頂いて、丹精って言葉は加茂花菖蒲園に一番似合う言葉なんだと思ってます。
> 体調、すぐれないのでは?と感じています。お大事になさって下さい、くれぐれも。
>
> 着崩した浴衣みたいに映りました。残そうかどうか?ちゃん。お転婆な思春期娘に見えます。
>
> 鮮やかさが“若さ”に見える、歳になりました。
> ご迷惑かな?と思ったのですが、スルー可能だから、こちらにコメントします。明日の菖蒲酒に使われる菖蒲根と菖蒲湯にする葉っぱは別モノですか?
>
> 我が家の菖蒲湯に使ってた菖蒲は、40年程経過した後の数年前に猪の食害に遭って絶えてしまいました。
>
> 島田(の在=田舎)は、節句が月遅れですので本来は今夜が菖蒲湯でした。
>
> 明日の天気はどうでしょうね。金星通過のような芙入りの新花が咲いたりして!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/391-7ed9c1cc