緑化フェア『花の森~生命の館~』館内の風景 

IMGP1622.jpg

10月5日 写真とブログ担当の永田です。

今回も『第29回全国都市緑化フェアTOKYO』の会場の一つ、東京の井の頭公園で行っている当花鳥園グループの展示『花の森~生命の館~』館内の様子をご覧いただきます。

この『花の森~生命の館~』温室は、温室全体で1000㎡弱という、当グループの展示施設としては最も小型の温室なのですが、内部の四方に鏡が使ってあり、その鏡の効果で館内は無限の空間が広がっています。

IMGP1634.jpg

今回は館内の売店などに焦点をあてて、写真を撮ってみました。館内の一角にあるお土産物の売店コーナーです。館内では当花鳥園グループのオリジナルグッズを中心に販売されています。

IMGP1623.jpg

掛川や富士、神戸の花鳥園で販売されている、鳥関係のグッズ類。

IMGP1628.jpg

加茂花菖蒲園の自家製味噌、しょうゆの実、紅しょうがなど手作りの伝統食品。

IMGP1639.jpg

加茂花菖蒲園の「庄屋弁当」。クチナシで染めた「染 飯」という黄色いおこわ。手作りの梅干し・漬物。しょう油を絞った後のもろみからできた珍味「しょう油の実」。伝統の味を堪能することができます!

IMGP1638.jpg

富士花鳥園が中心となって搬入した鉢花類。ストレプトカーパスなど、当グループで改良した植物も多く扱っています。

IMGP1640.jpg

富士花鳥園のスタッフの三村君と、クロワシミミズクのグレイシー。フクロウとのふれあいを担当しています。

IMGP1633.jpg

館内は、まさに鬱蒼とした「花の森」がどこまでも続き、人工的な温室でありながら、自然の生命とふれあえる空間となっています。コンパクトであり、かつ無限の広がりを体感できる空間。インドアの緑化事業として様々な業種、施設との融合の可能性が見える、これからの当グループの花鳥園のプロトタイプでもあります。


加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001a.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!

コメント

本日まいりました♪

今日、お伺いすることができました。

フクロウに会えると思っていなかったので嬉しかった♪

甘酒ソフトクリームも美味しく、
先月 富士花鳥園で
迷ったけれど買わなかったグッズも
また会えたので購いました。ww

帰りにクロワシミミズクの名前を聴いてヨカッタ。

またタイミングを見て伺えればと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/430-014befcc