ダイヤモンドリリー 花芽が伸びてきました 

1O6R983212.jpg

10月28日 写真とブログ担当の永田です。

ダイヤモンドリリー展示 11月1日より開催します。
ダイヤモンドリリーの花芽が多く上がってきました。昨年の11月、当園の温室で展示を行い、大きな反響を呼んだダイヤモンドリリーの展示ですが、今年は昨年にも増して多くの鉢を展示できそうです。

昨年は4000鉢の展示でしたが、今年は6000鉢程度になるのでは・・と見込んでいます。国内でダイヤモンドリリーの大規模な観光展示を行っているのは、今のところ当園のみとなっています。

今年は例年より残暑が続いたため、現在まだ咲き始めで、開花の最盛期は11月10日前後から11月20日過ぎ頃になると思われます。

1O6R983412.jpg

ダイヤモンドリリーは、南アフリカ原産のヒガンバナ科の植物で、ヒガンバナと花やや草姿も似ていますが、ヒガンバナとくらべ非常に多彩で、何といっても花弁がキラキラ輝くのが大きな特徴で、そこから「ダイヤモンドリリー」の名前があります。

1O6R984012.jpg

花弁を拡大すると、花弁の細胞の一つ一つが光を反射する仕組みになっていることがわかります。

1O6R986212.jpg

11月の開花シーズンは、ほんとうにこれがヒガンバナ科だろうか?と疑うような優美な花が咲いてきます。当園で長年かけて育成したオリジナルの改良個体ばかりで、花型、花色が様々に変化があります。

上の写真のピンクに底紅のこの個体も、当園の育成です。

1O6R985912.jpg

10月29日から展示温室内へ搬入を開始し、11月1日より展示を開催しますが、見ごろろは11月10日前後頃からになると思います。またこのブログでもご紹介してゆきます。
なお、期間中は、花付き球根の販売も行います。



ご入園料 1,000円 (大人、子供、幼児同一)
(加茂荘ご見学 ダイヤモンドリリー展示温室含む)
          
営業時間  : 午前9時30分~夕方4時迄。定休日はありません。
ご入園受付 : 加茂荘庄屋屋敷の入り口となります



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001a.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/437-7e40179b