FC2ブログ

門松作り 

1O6R220712.jpg

12月14日 写真とブログ担当の永田です。

今年も残すところ半年ほどとなり、園内では正月用の門松作りを行っています。

この門松は、加茂荘用だけではなく、神戸、富士、掛川など、グループの各園の分も制作しています。加茂荘の裏山には竹林があり、そこからの竹で新年を祝ってもらおうという考えで、各園が開園した当初から毎年年末に行っています。

まず、山からとって来た青竹を、長いもので約2mに切り揃え、先を斜めに切って行きます。

1O6R665112.jpg

それと同時に、門松の胴の囲いも竹で作ってゆきます。

1O6R233112.jpg

青丈は、下から順に縁起の良い、七、五、三、に縄を巻いて結びます。

1O6R236312.jpg

出来上がった青竹。これを各園分で全部で5セット。10本作ります。

1O6R665012.jpg

出来上がった胴の部分。ここまで作っておいて、12月25日過ぎに、花鳥園の門前など、現場で松、梅、千両、南天などとともに組み合わせます。

1O6R665412.jpg

しめ縄も、加茂荘の近隣の農家から秋のうちに譲り受けておきます。昨今は米の収穫の時にコンバインで稲藁も粉砕してしまうので、稲藁もなかなか入手するのが難しいです。

1O6R665312.jpg

出来上がったしめ縄用の縄を3本合せてしめ縄を作ります。こうして門松としめ縄を作ってゆきます。

こうして出来上がったものを、12月20日過ぎに神戸や富士の花鳥園にこれらの部材を発送したり、加茂荘や掛川花鳥園は25日過ぎに門松を造ります。

こうして新年の用意を毎年行っています。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001a.jpg

園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/450-7696289f