FC2ブログ

今年の開園に向けて 

1O6R375613.jpg

2月16日 写真とブログ担当の永田です。まだ寒さが続いていますが、園内では今年の4月末からの花菖蒲園の開園シーズンに向けて準備が始まっています。

上の写真は園内の加茂荘の蔵の前の池。花菖蒲のシーズンには、ここに鉢植えの花菖蒲が並び、蔵の前ではスイレンが咲きますが、今の季節はこんな状況です。

1O6R374813.jpg

こちらは生産温室で促成している花菖蒲です。5月のゴールデンウィークに展示温室で咲かせるため、1月から温室へ入れて促成しています。新芽もかなり伸びて来ました。ここで促成している品種は本来なら6月中旬に咲く極大輪系の晩咲種が多いのですが、こうして促成することで4月中旬頃より蕾が上がり、4月末頃から花が咲き始めます。

1O6R374513.jpg

こちらは園内の井戸水で促成している花菖蒲。気温が氷点下に下がる朝でも、井戸水の水温は13°程度なので、この水を夜間流しておくだけで促成になります。ここで促成している品種は、普通栽培でも5月中旬過ぎに咲く極早咲きの品種で、それを井戸水促成することで連休に間に合わせています。

1O6R375213.jpg

そして今年は、当園のが育成したオリジナルアジサイの数々も、連休から展示温室で展示すべく促成を始めました。当園は近年のアジサイブームの代表的な品種「ダンスパーティー」をはじめ、様々な品種を育成したことでも知られるようになりました。

今年は連休から、約100鉢程度のオリジナルアジサイの展示を行いいたいと考えています。

333855_256653824415613_1518165539_o.jpg

園内の古寺では今、マンサクの花が咲いています。もう20年以上前に植えたもので、大きな木になってきました。

1O6R3738a13.jpg

園の周辺で見つけたふきのとう。当園の周辺は、未だに豊かな自然が残されており、早春はわらびやぜんまいなど山菜が採れ、4月は周辺で山桜も多く咲き、5月末にはホタルも飛び交います。

こうした自然豊かな里山の環境のなかで、今年も花菖蒲のシーズンがやってきます。



メモノートプレゼント
期間 2月1日~4月26日
加茂荘長屋門受付にて、当園のホームページ、ブログ、メルマガなどを「見ました!」と言って下さった方に、もれなく当花鳥園グループのオリジナルのメモノートを、一名様一冊プレゼント致します。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001a.jpg

園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/461-3c577097