雨の日 あじさい 

6月22日 きょうは一日本降りの雨が続きました。花菖蒲も雨に打たれると花が痛んで見られず、雨なら雨に似合う花を・・・ということで、雨の中でアジサイを撮ってみました。

080622002.jpg

当園では花菖蒲園の脇の通路などにアジサイが多く植栽されており、例年この6月下旬に見頃を迎えます。当園のアジサイの特徴は、ほとんどが独自に改良したオリジナルのアジサイという点。他では見られない変った品種が植えられています。

080622003.jpg

園内の古寺と当園作出の「乙女心」という品種。淡いピンクの八重咲きです。土が酸性なため、やや藤色を帯びています。

080622005.jpg

同じく当園の作出の「小町」。この花も土がアルカリ性だと鮮やかな赤色になりますが、酸性なため青紫色に発色しています。

080622001.jpg

同じく当園作の「コンペイトウ」底紅の八重という珍しい花です。今年から園内の売店でも販売され、人気が高い品種ですが、地植えだと大きな花が咲きます。

080622007.jpg

これも当園作出の「舞孔雀」 がくガク咲きで中央の小さな花がガク化し、めずらしい花型になっています。

080622008.jpg

これはまだ未命名のガク咲きの八重。濃い沈んだブルーの花を咲かせます。

一日中雨でしたが、梅雨の雨にはやはりアジサイが似合います。入梅前後の曇り空には花菖蒲が似合い、梅雨半ばの雨にはアジサイが似合う。二つの植物によって、この梅雨の季節が進んでゆきます。




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/48-4dcd53df