5月24日 開花状況 

1O6R627613.jpg

写真とブログ担当の永田です。本日、5月24日現在の開花状況と今後の見頃をご案内致します。

このところの暑さで、花菖蒲の蕾も一気にたくさん上がって来ました。現在、早咲きの品種が咲いており、花数としてはまだまだの感じですが、これで咲き始めると一気に開花して来る感じです。

来週に入る頃には、緑の葉の上に花が浮かび上がって鮮やかに見える、開花の最盛期を前にした、もうひとつの見頃を迎えそうです。

1O6R7829.jpg

極早咲の黄花の竜 眼(りゅうがん)という品種。これまでの黄花の「金 冠」よりも、1週間以上早く咲き、かつ開花期間も長いので、花菖蒲園には向いています。

1O6R626813.jpg

同じく極早咲の諏訪原城(すわはらじょう)。この品種も5月のうちに咲く極早咲きで6月に入る頃には花を終えます。

1O6R627113.jpg

同じく極早咲の麦 秋(ばくしゅう)。花菖蒲は一輪の花の開花期間がたった2日半というとても咲いている期間の短い植物です。なので、ごうした極早咲きから6月の中旬に咲き始める極晩咲きまで様々な品種があり、それらをうまく組み合わせることで、全体として長期間、咲いているように見せることができます。

468330_319637958117199_899808003_o.jpg

昨年フェイスブックを通して名づけてもらった「葵の小袖」という品種。藤色で草丈が高く早咲きで丈夫な品種です。花菖蒲という植物には2000品種を越す品種がありますが、性質が弱くても花が豪華で一輪でも見られる個人趣味家向けの品種と、群れて咲く姿が美しく草丈が高く丈夫で繁殖も良い花菖蒲園向きの品種があり、この品種は後者のほうです。

花菖蒲は来週に入れば、そろそろ見頃を迎えそうです。昨年より若干早い感じで、このまま行くと、最盛期は6月の5日頃から10日過ぎ頃の約10日間となりそうです。


加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com



120319001a.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/491-8f43812f