花菖蒲 八重咲の新花 

13夢の羽衣

6月12日 写真とブログ担当の永田です。きょうは当園で近年育成した八重咲の花菖蒲の新花をご覧いただきます。

上の写真は当園で1997年に作出した「夢の羽衣」という品種です。この品種は花の豪華さに加えて性質も丈夫で希に見る優秀な品種ですが、この品種の実生から得たバラエティーも、園内でだいぶ株数が殖えて来ました。どの花も直径15cm以上に大きく咲きます。

131O6R7684.jpg

これらの花はまだ正式に命名はして園の外には出していませんが、この花は株数も殖えて来たので、一応「天の羽衣」という仮称にしてあります。鮮明な青紫覆輪と細かなフリルと八重の整った花型と丈夫な性質はなかなか同居しませんが、この個体はけっこうパーフェクト。将来有望です。

131O6R7167のコピー

この個体には「華の羽衣」という名前を付けました。「夢の羽衣」から種子を採って蒔くと、青系、赤系、そして水色系、純白系の花が咲きます。すべて八重ばかりです。その中からくっきりとした紅覆輪が入る品種です。

131O6R042313.jpg

こちらも同じく紅色系の個体。この花は未命名です。

131O6R9316.jpg

この花は青紫の細い覆輪が入ります。ですが、ちょっと覆輪が細いでしょうか? 品種にしようか迷っている未命名花です。

131O6R0546.jpg

こんな紅砂子絞りの八重も咲きます。この花もまだ未命名花です。

131O6R0603.jpg

青紫の覆輪が深く入った花です。底白ぼかしとも言いますが、自分的にはどこかイマイチ中途半端で、品種にしようか・・迷っています。こういう花も咲きます。

131O6R041813.jpg

青紫系でほとんど色が淡くなったタイプ。「水の羽衣」という名前を付けました。

このように「夢の羽衣」からは、いろんなバラエティー豊かな八重花が咲いて来ます。園内の一角にまとめて植えてみましたが、豪華な花形なので、お客様にも人気で欲しがられます。もう数年経てば、販売できると思います。



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001a.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に地元の自然を紹介しています。
植物や自然が好きな方、友達になりましょう!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/511-b390405b