庄屋屋敷にいるフクロウ ワシミミズクの「びゃっこ」 

9月10日 写真とブログ担当の永田です。

きょうは庄屋屋敷にいるフクロウから、ユーラシアワシミミズクの「びゃっこ」をご紹介します。

131O6R9797.jpg

「びゃっこ」は、ユーラシアワシミミズクという種類で、アフリカ北部、ヨーロッパ、シベリア、中国など広範囲に生息する、フクロウの仲間のうちでは最大級の大きなフクロウです。体長はおよそ57~85cm、 翼長は160~180cmにもなります。

131O6R9796.jpg

びゃっこは今年の3月26日、掛川花鳥園の孵卵器で生まれ、生まれた時からスタッフが世話をしたフクロウです。ですから人によくなついています。

131O6R9801.jpg

猛禽スタッフの河合さんと。今年の3月末生まれですから、これで生後半年なのですが、実に巨大なフクロウです。

131O6R9793.jpg

体は大人なのですが中身はまだ赤ちゃんのようなもので、まだ力の加減ができません。お近くで見ることはできますが、巨大なフクロウなので、もしもの場合を考え、触ったりすることはご遠慮いただいています。

でも、河合さんが腕に持った形で、お客様と一緒に写真を撮ることはできますよ。


131O6R9799.jpg

いつもは加茂荘の庄屋屋敷入口に、他のフクロウといっしょにいますが、猛禽スタッフの河合さんが休みの日は出ていませんので、どうしても見たいという方は事前に当園までお電話にてご確認ください。(TEL:0537-26-1211)



加茂花菖蒲園メールマガジン
ひと月1回のペースで、園内の様子、催し物のご案内を行っています。ご購読は、下記メールアドレスに空メール送信してください。
kamoso.mailmaga@gmail.com


120319001aa.jpg
園内外の出来事や、植物を中心に紹介しています。
友達になりましょう!


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/538-2dd225bd