まだまだ始まったばかりです。 

090502001.jpg

5月2日 連日暖かな日が続いていますので、植物のほうも順調に生育しています。温室では、この冬場より促成させた花菖蒲がみごとに咲いてきています。この温室展示の花菖蒲は、私たちが近年改良したまだ名前のない花多く展示してあり、ここで花を見て再度選抜して良い花に名前を付けてゆくという作業も行っています。

090502005.jpg

温室内は、例年通り今の時期から花でいっぱいになっており、当園で独自に改良した花も多く見られます。写真はストレプトカーパスというイワタバコ科の植物ですが、この花もこれまでの品種や海外から導入した品種を元に、当園で10年くらい前から改良してきた植物です。

年々バラエティーが豊になり、こんな花もあったんだ・・・と私たちでさえ見つけて感心することがしばしばです。

090502006.jpg

屋外の花菖蒲園は、温室で促成させ屋外へ出したものがわずかに咲いている程度で、まだほとんど咲いていません。

この大きな花菖蒲園が開花の最盛期を迎えるのは、5月の末から6月の中旬にかけてです。

090502004.jpg

それでも、スイレンのほうが花菖蒲よりも花が早く、今年はもうすでに咲き始めています。

090502003.jpg

また、今年はこの写真の棚をあらたに造りました。この場所には以前にも吹き抜けの休憩所があったのですが、一昨年の秋の台風で倒壊してしまい、昨年は再築が間に合わず、休憩所なしの状態でしたが、この冬場に棚を作りました。

この棚に吊ってある植物は、派手な花ものではなくて、地味めな観葉植物の類が多いですが、そのほうが落ち着いていて、風情があるように思いました。

こんな感じで、花菖蒲の最盛期はまだまだですが、園内でのんびり過ごすにはぽかぽか陽気でとても気分の良い頃です。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/54-894b1500